7.留学(LL.M.プログラム)

2006/10/04

1年目の秋学期(その9)

明日(とは言っても、日付が変わっていますから今日ですね)は、代表戦(サッカー)ですね。普段は、「浦和レッズ>日本代表」っていう公式が成り立っているんですが、オシム・ジャパンになってレッズの選手が多く招集されるようになり、彼らの代表での活躍を見るのも楽しみになっています。そんな中、唐突ですが、我がレッズの若きエース・ハセこと、長谷部誠選手って、ボウケンジャーボウケンブラックに似ていると思いませんか?(こう問われて、ピンと来る人はこのブログ読者の中で一体何人いらっしゃるのでしょう。多分ゼロ…ですね。)

いや、4歳の息子に付き合わされて毎週日曜日の朝に観ている、いわゆる“戦隊モノ”(Deacon世代で言えば、ゴレンジャーですな)なんですが、この前何気に見ていたら、二人が随分似ているなぁと思った次第。今では息子の頭の中は「ハセ=ボウケンブラック」になってしまっています…親父のせいです、ハイ(^^;)。

ハセをブラウン管を通じて応援したいのですが、その時間は恐らく空の上。空の上から念を送ることにしましょう。レッズやサッカーの話になると止め処もなく続きますので、早速本編に入ることにしましょう。

続きを読む "1年目の秋学期(その9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

1年目の秋学期(その8)

ここ数日は雨模様が続いたりしましたが、爽やかに晴れ上がった青い空を見ると、懐かしい“カロライナ・ブルー”を思い出させてくれます。
Wake Forest Univ. School of Law に留学中だったと思うのですが、“October Sky(邦題「遠い空の向こうに」・1999年)”という映画を観に行った記憶があります。映画の舞台はノースカロライナではないのですが、そこでしばしば映し出されるその空は将にノースカロライナで毎日拝んでいたその空と一緒だったというイメージが残っています。こんな感じです(Deacon Family のメンバーであるfkittyさんのブログから拝借しました)。そして、これが黄昏時になると、その夕陽と紫雲が絶妙なコントラストをかもし出します。秋の「紅葉狩り」の帰途、グレート・スモーキー・マウンテンに沈みゆく夕陽は圧巻でした…(遠い目)。

さてさて、“旧き良き”思い出はこの辺にして、久々に本編に戻りましょう。そう、LL.M.留学1年目の秋学期、最初の学期末試験のお話でしたね。

続きを読む "1年目の秋学期(その8)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/05

1年目の秋学期(その7)

秋の味覚が店頭に並びだし、マツムシやコオロギの鳴く声を耳にすると、日中の暑さは真夏日並みであっても、「秋なんだなぁ…」としみじみ感じる今日この頃です。

そう言えば、WFU留学中にスーパーマーケットで「梨」を見つけたときの感激は今でも忘れられません。基本的にフルーツ大好き人間のDeaconは、中でも梨が大好物です。あのみずみずしさが何とも言えず好きで、日本でも良く食べていました。さすがにアメリカは洋ナシの世界であろうとハナから諦めて探すことさえしていませんでしたが、なんと最初の秋学期の時にスーパーの陳列台に並んでいるのを見たときはたまげました(笑)。思わず「えっ!?」て声が出てしまったような…(^^;)。“Asian Pear”という表記がなされていましたっけ。もちろん、即購入のうえ、冷蔵庫に冷やすこと2時間余り。夕食のデザートとして食べてみました。「う、美味い!」 正真正銘の日本の梨と同じ味です!銘柄でいうと「豊水」に近い感じでしょうか。水分たっぷりで丁度良い甘さで、それから当分の間は我が家の食後のデザート用として購入しておりました。値段は1個1ドルちょっと程度だったでしょうか。さすがに他のフルーツに比べれば高かったですが、普通のスーパーで入手可能であるということに感動した次第です。

さて、また序の部分で長くなりましたが、秋学期の試験シーズンについて、少しお話をしてみましょう。

続きを読む "1年目の秋学期(その7)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/03

1年目の秋学期(その6)

今週末は代表戦があるためにJリーグはお休み。なんか落ち着きませんねぇ。最近はフットサルをする機会もめっきり減ってしまい、その意味でも身体が鈍ってしまっている感もあるのですが、どうもいけません。家庭を持って、かつ、子供ができるとなかなかスタジアムでの生観戦はできないものの、TV観戦だけは欠かさずにしておりますので(唯一の家族公認か?)…(笑)。

まあ、ご贔屓チームから7人もが代表に送り込まれていることもあり、また、代表監督がDeaconの“意中の人”であったこともあり(前監督時代からオシムさんの就任を願っていました。その証拠はココ)、明日未明に行われるサウジ戦はTV観戦の予定です。ただ、ハードスケジュールということもあり、所属チームに戻ってからのパフォーマンスが気になるところです(チーム状態も良くないですしね)。代表選手の宿命かもしれませんがね。おっと、いけない、いけない。どうもこの手の話になると止まらなくなってしまいます(^^;)。

Wait_chapel Fall1 Fall2

続きを読む "1年目の秋学期(その6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

1年目の秋学期(その5)

ドイツW杯の日本代表メンバーも決定し、いよいよ本番モードに入りつつありますね。普段は、「日本代表<浦和レッズ」という公式が成り立つDeaconですが、やはりW杯は別物ということで、この1ヶ月間は日本代表を真剣に応援したいと思っています。浦和の試合もないですしね…(^^;)。

さて、久々に「1年目の秋学期」というシリーズに戻り、印象深かったクラスのお話でもしてみたいと思います。

続きを読む "1年目の秋学期(その5)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/19

1年目の秋学期(その4)

そういえば、もう4月の半ばを過ぎましたねぇ。この夏からの米国ロースクール留学を予定されている方にとっては、もう留学先を決定されている頃でしょうか。

今年も WFUロースクールに留学される方の壮行会とOB/OGの懇親会を兼ねたパーティーを開催する予定です。学校や現役留学生からもそろそろ連絡があると思いますが、もしこのブログをお読みになっている方で WFUロースクールに留学される方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければと思います。

さて、それでは前回からの続きに入りましょう。

【なぜ、こんな写真が?理由は続きをご覧くださいませ】

7053_17 Soccer1 Soccer2 Soccer4

続きを読む "1年目の秋学期(その4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

1年目の秋学期(その3)

珍しく連日のエントリ更新です(笑)。アップできるときにしておかないと、またどんなことがあるかわかりませんので、できるうちにと思いまして…。

それでは早速前回の続きに入りましょう。

続きを読む "1年目の秋学期(その3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/17

1年目の秋学期(その2)

いよいよ新緑が鮮やかな季節になってきましたね。ただ、相変わらず、寒暖の差が激しくて1日で気温が10度以上違うこともあり、体調の維持には苦労しそうな天候です。今年は予想通り、花粉の飛散量が少なかったせいか、極めて“被害”は少なく済みましたが、皆さんはいかがだったでしょうか。

さて、今回もLL.M.留学の1年目の秋学期、そう留学して最初のセメスターの様子を少し振り返ってみたいと思います。

続きを読む "1年目の秋学期(その2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/13

1年目の秋学期(その1)

すっかり「春到来」という感じで、風に舞う桜の花や小道の脇に顔を出している土筆、耳をすませば鶯の鳴き声などが目につき、耳につく今日この頃となってきました。Deaconが住む町の周辺はまだまだ自然も多く、それらの表情の変化で四季の訪れを感じることができます。

都会の生活にも憧れますが、やはり自然が残っているこの町のほうが自分自身は落ち着くような気がします。

さて、今回はWFUでのLL.M.プログラム1年目の秋学期について、少しお話をしてみようと思います。

【タイトルの時期とは異なりますが、キャンパス内の桜になります。】

Gate1_1 Sakura1Sakura2Sakura3

続きを読む "1年目の秋学期(その1)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/04/07

Weekly Lunch (その2)

昨日、今日と勤務先がお世話になっている米国人弁護士が来社しましたので、しばしお付き合いをさせてもらいました。LL.M.課程を卒業した後に、NYCに引越しして、彼の下でインターンシップを受けた関係もあり、いわば“師匠筋”に当たります。

特に仕事の話はなかったので、世間話程度でしたが、英会話のブラッシュ・アップにはなったと思います。ただ、会話の90%は彼が喋っていましたので、実際どれだけブラッシュ・アップできたかは…?それでも、いろいろと懐かしい思い出が蘇ってきて楽しいひと時でした(^^)。

さて、今回も前回エントリの続きということで、指導教授との“Weekly Lunch”について、お話させていただきましょう。

続きを読む "Weekly Lunch (その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)