« 祝・新人君、本採用! | トップページ | 聞き取れないコトに慣れてしまうコト »

2008/08/24

夏も終わり?

暦の上では「処暑」を過ぎて、本当に秋らしい天候になっていますね。
先週辺りから、枯れ葉が目立ってきたなぁと思ってはいましたが、気温もがくんと下がってきましたし、体調管理には留意したいものです。

気がつけば、前回エントリから1ヶ月経過しており、慌ててアップという体たらくです^^;(最低月に1回は…と思っていますんで)
あれからの1ヶ月を振り返ると…。

前回のエントリは、ちょうど家族旅行の当日朝にアップしたものでして、今年の夏休みは「世界遺産ツアー」と銘打って、中国地方(日本の…です)に行ってみました。
前半は島根県の石見銀山、後半は広島県の原爆ドームと厳島神社。小さい子供達にはちと難しい面もあったかと思いましたが、記憶には残るはずと思っています。

Deacon にとっての強烈な記憶として残っている初めての家族旅行が小学校2年生に進級する前の春休みに行った京都・奈良旅行でした。新幹線に乗り、京都と奈良で観光バスに乗って、お寺、神社などの名所を廻った旅行です。
もちろん、幼稚園時代の伊豆への海水浴など断片的な記憶も残ってはいますが、やはり、それが決定的な「何か」(将来の指針とか…)を与えてくれたのは、京都・奈良旅行だったかなぁと思います。
(そういえば、奈良の大仏サマでは、実際の鼻の穴と同じ大きさで刳り貫かれた木が置いてあり、そこを観光客が入って抜けていくというのがあって、みんなスルスルと抜けて行き、見上げたあの大仏様の鼻の大きさに驚嘆していたのですが、ウチのオヤジ殿が抜けようとしたら、お腹のところでハマってしまい、ガイドさんに引っ張ってもらった…なんて記憶も鮮明に!^^)

「決定的な何か」…Deaconにとっては、日本史に強い興味を持ったことです。
もともと祖父母や両親の影響もあって、TVの時代劇なんかをよく観ていましたしね。そういう素地はあったとは思うんですが(苦笑)。

小学校2年生の1学期から学校の図書館にある「日本史モノ」の本を読み漁りましたっけ。果てに、全て読み尽くしてしまい、小学校3年生では山岡荘八の「豊臣秀吉(異本太閤記)」の文庫本などを買って読みまくっていたものです。今、思うとかなり早熟だったのかなぁと。

まあ、そんな「何か」を子供達も得てもらえればと思いつつ、今回の旅行先を選んだという次第。ええ、もちろん、その裏には「自分が行きたかった!」というのもあるんですけどね^^; やっぱり、ポケモンジャンボに乗ったことかな???
Img_1502 Img_1513 Img_1515_2  Img_1534 Img_1574 Img_1670 Img_1675 Img_1623 Img_1698

旅行から戻ると海外案件でちょっとした出来事が発生中。なかなか日本からコントロールできる問題でもなく、かつ、ウチとしても恐らく初めての事例ということで、手探り段階で進めている展開です。

今月はその他にも、例の「弾丸ツアー」案件も大きな動きを見せて、ようやく解決に向かいそうです。紆余曲折ありながらも、何とかという感じですが、まだまだサインをするまでは油断ができません。

ある研究会では、な、なんと Wake Forest Univ. School of Law の LL.M.プログラムを卒業されて帰国したばかりのお仲間と同席。その偶然にびっくりしたものです。これから毎月1回は研究会でお目に掛かれそうなので、楽しみです。
WFUに関しては、学部から各プロフェッショナル・スクール(ロー、ビジネス、メディカル)を含めたAlumni を対象にしたパーティーが東京で開催されました。毎年のLL.M.の壮行会兼OB/OG会とは別に、去年から東京在住の学校関係者主催によるもので、学校公認の集まりです。
残念ながら、去年も今年も出席できませんでしたが、盛況だったとのお話を聞き嬉しく思っています。

そして、先日は Deacon のミッションの一つでもある“契約の伝道師”としてのお仕事を二日間に渡って行ってきました。
たびたび、日記でも書いていますが、法務啓蒙活動の一環として「契約に関する研修会」を継続して開催しています。
R&D部門を対象にここ数年間、各箇所で開催してきたのですが、その噂(良い噂と信じていますが)が広まって、「現場部門(工場)でも開催してもらいたい!」という引き合いが!

「いずれ現場部門でも開催したい」と思ってはいましたが、こんな依頼が来るとは思ってもおらず、とはいえ、何とも嬉しいお話でして、早速準備に取り掛かり、上司からの指示もあって、5月から法務部に異動してきた中堅君にも手伝ってもらいました。

今回は初日に「基礎クラス」、二日目に有志対象の「実践クラス」。基礎クラスは、それこを「契約のイロハ」についての内容で、実践クラスは、10名以下の実際に契約案件を担当している方々を対象にしたゼミ形式での講義。
今まで Deaconがお話してきたのは R&D部門の方々ですから、今回は現場部門対象ということで多少アレンジが必要なので、新鮮な感覚を持っている中堅君に資料作成などをお願いしました。何せ、彼自身、法務異動前の前職は現場の管理部門でしたから。

各クラス3時間の長い時間でしたが、無事終了。金曜日の夜に帰宅したのですが、もう玄関にたどり着くや否や、バタンキュー^^; 爆睡状態へ突入でした。
でも、なかなかの反応でしたし(自己満足でないことを祈りつつ)、11月にも開催することが決まりましたし、こういう活動を通じて、全社の契約に対する啓蒙が行き渡ればと思っています。将来的には「あそこは契約についてはなかなか鋭い会社だよ」と評されるようにと。
週明けに今回の受講者の皆さんから無記名でのアンケート結果が送られてくる予定。ちょっとドギマギしています(笑)。

|

« 祝・新人君、本採用! | トップページ | 聞き取れないコトに慣れてしまうコト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/42253856

この記事へのトラックバック一覧です: 夏も終わり?:

« 祝・新人君、本採用! | トップページ | 聞き取れないコトに慣れてしまうコト »