« “あれから10年も…” | トップページ | 今年の日本人留学生数は? »

2008/05/01

ようこそ、法務部へ!

GW直前の1泊3日の「弾丸ツアー」がキャンセルになったのも束の間、結局、GW明けに「弾丸ツアー」が敢行されることになりました^^;

仕事ですから、ある意味しょうがないのですが、1泊3日とはキツイものがあります。一応、別大陸になりますし、もう少し日程的に余裕があるといいのですが…。とは言いつつ、異国の空気に触れるだけで、否、飛行機に乗れるだけでHAPPYになれる Deaconとしては、1泊3日でも0泊3日(サッカー日本代表応援ツアーのようですが)でも、OKではありますが^^。

そんな中、我が法務部に待望の人員増強が!

まず、4月に新卒の新人さんが配属されてきました。現在、第1号さん(「“第1号さん”って誰?」という方は、こちらをご参照くださいませ)の元で修行が始まりました。

そして、今月も他部署からの異動で中堅の方がやって来ます。噂では元々法務希望で入社してきたものの、他部署に配属されて、今回ようやく法務部に異動になったということです。

世の中の流れもあり、ウチの会社もご多分にもれず、コンプライアンス、情報セキュリティ、CSR…等々、法務部がある時は主管部署となり、ある時はサポート部門として、これらの業務に携わることが格段に多くなりました。
となると、どうしても人手が足りません。実は、ここ数年、「人員増強」をお願いしてきたのですが、ただでさえ、少ない事務系採用人数のなか、法務部に配属される確率は極めて低く、毎年、この時期は「あぁ、今年もダメだったか…」というため息の時期でもありました。

正直なところ、「現時点での人手」という意味では足りるには足りるんです。皆さん、それぞれ「職人さん」のようなところがありまして、一種“個人商店”化しているのが事実。「この道、○○年」という人が多いので、一人ひとりの負荷が高くはなりますが、増加する企業法務の仕事を現有人員で回すことは可能ではあります。
ただ、「今」はいいけど、○年後、このままでいいの?という問題が。
そうです、「後継者」問題です…。

一人前の企業法務マン(ウーマン)になる(を育成する)ってことは、結構時間が掛かるものです。Deaconの場合も、当時の副部長から「最低5年」と言われたもんです。実際は5年以上掛かっているかもしれませんが(いや、マダマダ修行中---毎日、日々精進中)。
ま、いずれにしてもある程度の期間を要するというのは、大多数のご意見ではないかと。

とすれば、現状の我が法務部では「世代の断絶」が起きつつある状況。定期的に補強を行い、断絶状態が起きないようにということが、ようやく人事部門にも伝わったということなのでしょう。
加えて、「誰でもいいよ」と言う訳にいかないのも辛いところ。

個人的には、「企業法務に強い興味、関心があること」「俗に言う“法的思考力”があること(又はそのセンスがあること)」が必要かなと思っています。
かく言う自分も入社当時はこんなレベルだったので、偉そうなコトはいえないのですが…(こんなエントリあり)。

今回は、いわゆる「社内調達」だったのですが、今後は他社の法務経験者の中途採用や日本版ロースクール卒業生の採用などを考える時期にも来ているかと。
法務部内でもいろいろな意見があるようですが、いずれは議論しなければならないかなと思っています。

最後に、我が法務部に配属(異動)されたお二方には「企業法務戦士の雑感」のこのエントリを贈りたいなと。dtkさん経由で拝読して、なるほどなるほどと思った次第。実は、この報告書、公開された時に自分でも読んでいて色々と考えさせられましたしね。

何はともあれ、新しい仲間にエールを送りたく!

|

« “あれから10年も…” | トップページ | 今年の日本人留学生数は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
法務はどこも人手不足なんでしょうかねえ。

個人的には、実は法務は育て方を間違わなければ、大学での専攻は関係ないのではないかと思っているのですが…。僕自身が法学部だけど政治系で法律科目はロクにとっていない、という奴ですから…。

確かに「一人前」になるのは時間がかかりますよね自分が一人前とは言えないので、余計にそう思います。気長に行くしかないところもあります。

まとまりのないコメントですいません。

ではまた。

投稿: dtk | 2008/05/07 01:15

> dtkさん
いつもコメント、ありがとうございます。
「大学での専攻は関係ない」---全く同感です。特に日本の大学では。
法律学科出身であれば、ある程度のアドバンテージはあるかもしれませんが、やはり、実務についてからが勝負かなと。
本人のヤルキと実務を通じてのリーガルマインドの涵養で「非法学部卒」でも全然OKと思っています。
実際に身近に複数いらっしゃいますし(例えば、よ○ちゃんさん)。

今回の新卒君や異動された中堅君たちは、法務を希望したということなので、イメージと実際のギャップに適応できて、なお、法務で頑張りたいという意思を持つことができて、そして、リーガルマインド修得の第一歩を踏み出すことができれば、第一関門突破かなと思っています(偉そうなんですが^^)。

投稿: 管理人(Deacon) | 2008/05/08 06:50

こんにちは。念願の人員増強ですね。おめでとうございます。しかも、他の部署での経験を積んだ方が法務を希望して異動してきてもらえるのは心強いですね。
私のところの法務はほぼ全員が生え抜きの法務ですので、時々法務の独善的な考えで動いているのでは??と疑問を抱くことがあります。そうならないためにも他部署の経験のある方が来られるのはいいことですね。

投稿: Yoshi | 2008/05/13 00:05

> Yoshiさん
コメント、ありがとうございました!
お蔭様で若手2名の補強です。あとはしっかりした育成ですね。
この育成では過去失敗した経験が無きにしも非ずから、いろいろと考えていかなくてはと。

引き続き、補強していくということなので、自己研鑽も続けていかなくては…。
ウチはまだヨソサマの血(転職者)を入れてみるというアイデアには抵抗が強いようです。これも次の課題かなと思っています。

また、今度色々とお話しましょう!

投稿: 管理人(Deacon) | 2008/05/15 05:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/41051773

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、法務部へ!:

« “あれから10年も…” | トップページ | 今年の日本人留学生数は? »