« 法務系ブロガーの集い | トップページ | “微笑みの国”から »

2007/12/12

Welcome Back to Wake Forest!

師走に入り、仕事の案件が急増しています(^^;)。
実は、先週のほとんどが“巡業”で東京を空けておりました。Deaconの場合、“巡業”と言えば、ハイ、従業員に対する「契約」の啓蒙活動です。もう、「契約の伝道師」と自認していることは、このブログでもしばしば書いているとおりです。

最近はもっぱら、R&D部門の方々を対象にした研修会を行っています。やはり、製造業ですからR&Dは企業としての生命線なんですね。
彼等が接することになる所謂「技術契約」に絞って、イロハから始まり、テクニカルなお話に至るまで、1コマ2時間から3時間でお話をさせてもらっています。

最初に触れることになる「秘密保持契約」。これって、結構侮れないんですよねぇ。
何がどう侮れないか?ですって。

それは企業秘密でございます(^^)。
いずれ、ろじゃあさんが企画されているところで、少しご披露できるかもしれません(もったいぶっていて、いざ蓋を開けると…となる可能性も大でして)。

いずれにしましても、大変好評でして、継続的に開催していくことにしましたし、営業部門にも波及させていこうと考えています(元々は営業部門に対する法務啓蒙が端緒だったのですが、それから、かなり経過していますし)。

それが理由かは定かではありませんが、新規のクライアントさん(Deaconの仕事では社内の方がお客さん)から契約案件の依頼がドッと押し寄せてきまして、てんやわんやの状態という訳です。ま、嬉しい悲鳴なんですけどね(笑)。

そんな訳で、すっかり「契約案件専業法務マン」と化しているのですが(それはそれで満足?)、来年早々にNC州に出張することになりました!
NC州と言えば、ハイ、Deaconの「母校」である Wake Forest Univ. School of Law がある州です。
となれば…。ハイ、出張業務案件終了後に“母校再訪”ですよね!

出張が確定したのが今週なのですが、その可能性が出てきた数ヶ月前に、ややフライング気味に指導教授やLL.M.担当Deanに「もしかしたら、NC州に出張があるかもしれない」というメールを出していたんですね。
即日に「是非、学校に立ち寄って貰いたい。大歓迎をするから!」という返事がきました。相変わらず、あったかい学校です(^^)。卒業生の立場でLL.M.取得後の変化について、学校や教授たち、JD/LL.M.学生にスピーチする予定です。

職場にも正直に事情を話して再訪につき快諾してもらいました(こういう点は、本当に理解ある職場なんです)。
ということで、来月に卒業後7年ぶりに恩師や友人と再会できるので楽しみです。

更に、更に、今日は来年度LL.M.留学を予定されている某企業の法務マンが来社されました。既にWake Forest Univ.から合格通知をゲットされており、その他複数校からも合格を勝ち取っている方で、WFUについて詳細をお知りになりたいということでお見えになりました。

もう相当量のリサーチを済まされており、整然とまとめられた質問に対して、Deaconも在りし日の思い出を一つ一つ頭に描きながらお答えさせていただきました。
ただ、卒業後相当経過していますし、ご家族ご同伴(お子様もご一緒)ということなので、Deaconでお答えできない点については保留とさせていただき、なるべく早い時期に家族同伴で留学されたOBや直近の卒業生を交えて懇親会を開催することにいたしました。(Kさん、Yさん、よろしゅうお願いします!)

半年後にDemon Deaonsの一員となっていただけると嬉しい限りですが、どこのロースクールに行かれたとしても、充実した留学生活、米国生活を送られますことを心よりお祈り申し上げます。

さて、もう一つ、嬉しいことがありました。年末にアジア某国へ出張同行依頼があったんですね。アジアはDeaconは未踏の地ですから、それだけでワクワクなのですが、某国はWFU留学時代、その前のUCDのサマースクール時代から一番に仲良くしてくれた友人がいる国。今でも、メールや電話でやり取りをしている親友がいる国だったんですね。
そう、彼とも7年ぶりに再会できるんです(彼の都合が合えばですが)。
この出張はまだ確定していないのですが、何とか実現してもらいたいなと。
ええ、もちろん、仕事が第一だってことは承知しておりますっ(^^;)。

それにつけても、重なる時は重なるもんですねぇ。数ヶ月前に「とにかく異国の空気を吸いたい!」と思い始めて恋焦がれていたら、このタイミングで、こういう話が。
だから、この仕事、やめられません!

|

« 法務系ブロガーの集い | トップページ | “微笑みの国”から »

9.再会(2008年/Reunion)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
確かに「秘密保持契約」はあなどれないところがありますね。前職はメーカーではなかったので、あまり重要性について認識していなかったのですが、今回メーカーに来てみて改めて重要性を認識しました。
「企業秘密」については、ろじゃあさんのところの企画を楽しみにしております(^^)
それと、NC行かれるのですか、羨ましい。
こちらはボストンに行く機会は中々なさそうです。

それでは。

投稿: dtk | 2007/12/15 23:57

> dtkさん
かなり前にも「秘密保持契約」に関してちょこっと話をしたんですが、製造業でもより川上に位置するメーカーにとって、ある意味、“最初が肝心”なんですよね。

また、今度情報交換しましょうね。

投稿: 管理人(Deacon) | 2007/12/16 11:14

Deaconさん御無沙汰しております

ついにNCに舞い戻ることが可能になったんですね!しかも仕事で!羨ましい・・。

>JD/LL.M.学生にスピーチする予定です

是非MBA生も参加させてください(笑)

お仕事での滞在ということで時間的には厳しいとは思われますが、現役生との飲み会等あれば、私も是非顔を出させてください。南部BBQとハッシュパピーに舌鼓を打ちましょう!

投稿: ハイペリオン | 2007/12/16 14:56

> ハイペリオンさん
ご無沙汰しております。
そうなんですよ、この機会を待ってましたって感じです(^^)。

既に、16日夜は埋まってしまっていますが、何とか都合をつけたいと思っています。
それ以外は決まっていないので、LL.M.の某氏と相談しながら考えてみますね。

それと、「とんかつ北品川」ですが、前回の一時帰国時にはアレンジができずにすみませんでした。
先日、忘年会で久しぶりに行ってきました。新店舗に移り多少大きくなっていましたし、「また近く宜しくお願いします!」と店の大将にも話しておきましたので、ご卒業後日本にご帰国されたら、必ず実現させましょう!

投稿: 管理人(Deacon) | 2007/12/16 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/17352051

この記事へのトラックバック一覧です: Welcome Back to Wake Forest!:

» 「ジャッジ」愛好家法務系ブロガー、ハブ酒で「ジャッジ」の続編を待望す [法務の国のろじゃあ]
このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。 年の瀬も迫っ [続きを読む]

受信: 2007/12/20 17:23

« 法務系ブロガーの集い | トップページ | “微笑みの国”から »