« あれから5年ですね… | トップページ | LL.M.取得後のキャリア構築の一例 »

2006/09/18

無事帰国しました

16日に3泊5日の出張から無事戻りました。その間に東京はすっかり“秋モード”に移行していたようですね。
出張先もすっかり秋でして、半袖シャツでは少々寒く感じるほどでした。

しかし、今回は時差ボケにやられました…(^^;)。

出張初日は出番がないこともあり、リラックスしていたのでしょうか。その夜はベッドに入るとあっさりと眠りにつき、翌朝5時半頃まで熟睡できました。「これは、機中から米国モードにシフトしていたからに違いない。完璧な作戦勝ちだ!」と。海外出張の際は普段はめている腕時計に変えて、2ヶ国の時刻表示が出るものにします。そして、機内の最初の食事が終わると同時に出張先の時刻を表示するモードに変えて、それまでの頭と身体をリセット(?)します。そう、もう気分は出張先モードにしてしまうのです。出張先の時間が夜であれば、「おう、もう夜だから寝なくては…」と無理に寝てしまうとか…。

で、初日、2日目の朝は快適だったので、「作戦成功!」と思ったわけです。
ところが、そうは問屋は卸さなかったようで、2日目の夕方になると猛烈な睡魔に襲われます。それでも、その時間までには打合せが終了していたり、夕食になっていたりで、業務そのものに影響は出ませんでしたが、ホテルの部屋に戻るとシャワーを浴びることもなく、そのままベッドに直行で熟睡。しかし、ものの2時間程度で目が覚めるというパターンが毎日続きました。結局それは帰国後3日経った今日も続いています。寝ても2時間程度で目が覚めてしまい、それからなかなか寝付けない…。

結局、「作戦勝ち」と思ったのはお門違いだったようで…(^^;)。

と言うわけで、出張先からエントリはできませんでした。もう、それどころではありませんでした…眠くて、眠くて。どなたか、“時差ボケ対策”の良い作戦、戦略をご教示くださいませ。今もなんか眠くて…、今回は短めに失礼します。次回は、NYCでお会いした日本人弁護士さんについて、少しお話してみましょう。

|

« あれから5年ですね… | トップページ | LL.M.取得後のキャリア構築の一例 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Deaconさん、ご出張お疲れさまでした。
私も最近出張時に時差ぼけにひどく悩まされています。年のせいですかね。
先日、テレビで見たのですが、朝、甘酒を飲むと時差ぼけがあまり出ないそうです。私自身はその番組を見た後出張に行く機会がなく試したことがありませんが、次回の出張の際には甘酒を2・3本持っていこうかと思っています。
甘酒も酒粕で作ったものではなく、子供でも飲めるアルコール分が入っていないものがいいそうです。

投稿: bibliophage | 2006/09/18 13:44

Deaconさん、米国出張お疲れさまでした。
私も先週、米国出張で時差には泣かされました。

時差ボケ対策ですが、"Melatonin"は如何でしょうか。いわゆる、Nighttime Sleeping Aidですが・・・。今回、事業部門の人間に激しく勧めていただいたので、米国で買って試してみたのですが、これは効きました。ただ、日本では売られていない、というところに、果たしてこれを使い続けて良いものか、一抹の不安はないではないです。

投稿: Twilight | 2006/09/18 19:08

> bibliophageさん
> Twilightさん
早速の情報ご提供、どうもありがとうございました!
今まで余り「時差ボケ」で苦しんだことはなかったのですが、今回のボケで懲りました。
やはり年のせいもあるのでしょうか…(^^;)。
ただ、甘酒とMelatoninという強力武器を一度に二つもゲットしましたので、次回は是非持参して効能評価してみましょう。

その他まだまだ情報のご提供をお待ちしております!

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/09/18 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/11940797

この記事へのトラックバック一覧です: 無事帰国しました:

« あれから5年ですね… | トップページ | LL.M.取得後のキャリア構築の一例 »