« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/01

Thanks Giving Holiday (その7)

あぁ、もう9月ですか…。月並みですが「月日の経つのは早いものです…」ねぇ。このエントリのシリーズ、いつになっても終わりません…(^^;)。どうも書き始めるといろいろなコトが脳裏を掠めていくもんで、どうしても寄り道をしてしまい、なかなか先に進まないという状況です。このままだと、「その10」どころか「その50」まで続いても終わらないような気もいたしますので、今回のエントリで強制的に終了させてしまいましょう。ご勘弁くださいませ。

Tghdc Thgscourtdc

続きを読む "Thanks Giving Holiday (その7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/03

1年目の秋学期(その6)

今週末は代表戦があるためにJリーグはお休み。なんか落ち着きませんねぇ。最近はフットサルをする機会もめっきり減ってしまい、その意味でも身体が鈍ってしまっている感もあるのですが、どうもいけません。家庭を持って、かつ、子供ができるとなかなかスタジアムでの生観戦はできないものの、TV観戦だけは欠かさずにしておりますので(唯一の家族公認か?)…(笑)。

まあ、ご贔屓チームから7人もが代表に送り込まれていることもあり、また、代表監督がDeaconの“意中の人”であったこともあり(前監督時代からオシムさんの就任を願っていました。その証拠はココ)、明日未明に行われるサウジ戦はTV観戦の予定です。ただ、ハードスケジュールということもあり、所属チームに戻ってからのパフォーマンスが気になるところです(チーム状態も良くないですしね)。代表選手の宿命かもしれませんがね。おっと、いけない、いけない。どうもこの手の話になると止まらなくなってしまいます(^^;)。

Wait_chapel Fall1 Fall2

続きを読む "1年目の秋学期(その6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

1年目の秋学期(その7)

秋の味覚が店頭に並びだし、マツムシやコオロギの鳴く声を耳にすると、日中の暑さは真夏日並みであっても、「秋なんだなぁ…」としみじみ感じる今日この頃です。

そう言えば、WFU留学中にスーパーマーケットで「梨」を見つけたときの感激は今でも忘れられません。基本的にフルーツ大好き人間のDeaconは、中でも梨が大好物です。あのみずみずしさが何とも言えず好きで、日本でも良く食べていました。さすがにアメリカは洋ナシの世界であろうとハナから諦めて探すことさえしていませんでしたが、なんと最初の秋学期の時にスーパーの陳列台に並んでいるのを見たときはたまげました(笑)。思わず「えっ!?」て声が出てしまったような…(^^;)。“Asian Pear”という表記がなされていましたっけ。もちろん、即購入のうえ、冷蔵庫に冷やすこと2時間余り。夕食のデザートとして食べてみました。「う、美味い!」 正真正銘の日本の梨と同じ味です!銘柄でいうと「豊水」に近い感じでしょうか。水分たっぷりで丁度良い甘さで、それから当分の間は我が家の食後のデザート用として購入しておりました。値段は1個1ドルちょっと程度だったでしょうか。さすがに他のフルーツに比べれば高かったですが、普通のスーパーで入手可能であるということに感動した次第です。

さて、また序の部分で長くなりましたが、秋学期の試験シーズンについて、少しお話をしてみましょう。

続きを読む "1年目の秋学期(その7)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/09

お陰さまで1周年!

ちょうど今から1年前の2005年9月9日にこのブログを立ち上げました。今日は1周年!年間30,000アクセスには届きませんでしたが、比較的マイナーな分野のブログとしては、29,000アクセスとは、自分でもびっくりです。これもひとえにご訪問くださる方々のお陰ということで、ここに厚く御礼申し上げます。

ブログを通じて多くの方とお知り合いになれたのは、ある意味“思わぬ誤算”でした(笑)。オフ会に参加したり、更にはオフ会を企画するに至るまで!
今後もコツコツと続けていきたいと思いますので、よろしくご贔屓にお願いします!

で、業務連絡です。オフ会に関して参加表明してくださった皆さんには別途メールでご連絡させていただいております、「日程変更の可否」の件です。最終的な結論を日曜日中にメールでご連絡させていただこうと思っておりますので、日程変更の可否について土曜日(9日)中にご回答いただきたくお願いします。(既にご回答いただいている方、どうもありがとうございました。)
自分で主催しておきながら、誠に申し訳ございませんが、事情ご斟酌のうえ、お許しくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/10

オフ会情報(仕切り直し)

蒸し暑い、寝苦しい夜になりましたね。“残暑”の最後の悪あがきでしょうか…。

LL.M.留学予定者の皆さんと卒業生を交えた「オフ会」を企画していたのですが、企画したDeaconの急な海外出張が入ることにより延期させていただきました。ご多忙の中、スケジュールを合わせて下さった出席者の皆様、申し訳ございませんでした。Deacon帰国後に再度アレンジさせていただきます。

そこで、既に参加希望表明された方以外で、このオフ会にご興味あって、参加をご希望される方がいらっしゃいましたら、コメント欄にてご連絡いただければと思います。前回同様の方法にて対応させていただきます。
同じ目的を持つ方々が多く集まって、情報交換できればいいなと思っておりますので。

今週は出張時の“恒例”である「出張先からの徒然草」か、気分転換(?)で「本編」をお話させていただくか、はたまた「法務ネタ」にするか、どうなるかはわかりませんが、時間と余裕があれば、エントリをアップしたいと思っています。ではでは、出張の準備に戻ることにしましょう。今宵は徹夜になるかな…(^^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/11

あれから5年ですね…

会社から帰宅して何気なく見ていた「Nステーション」。そのとき、ビルの高層階からもうもうと黒煙が出ている様子が画面に映り、どうも飛行機が衝突したらしいとの情報が流されている最中、Deaconの目の前で2機目がもう一つのタワーに衝突しました。もう、現実なのか、映画の世界なのか、自分でも判らないくらい動転したことを今でもはっきりと思い出すことができます。

その日はほぼ徹夜でテレビにかじりついていました。次第に明らかになるテロ行為の詳細。各地で同時多発という前代未聞のテロ事件…。

去年、5年ぶりに訪れたNYCで、JFK空港からマンハッタンに入るときに“ある筈の”ツインタワーが、いつもの場所に見えないことを確認したとき、熱いものが込み上げてきました。ちょうど事件が起きる1年前まで、この街で生活していて(僅か半年間ですが)、このビルの最上階にも何回か訪れたことがある人間にとっては、それは当然のことだったのかもしれません。

あの事件のとき、ワイフ殿のお腹にいた長男は4歳9ヶ月となりました…。いろいろな思いが交錯する中で、事件に遭遇して亡くなった方のご冥福を祈るとともに、再びこのような悲劇が起こらないことを願うばかりです(行動も含めて)。そんな気持ちとともに明日、彼の地に向かいます。

奇しくもろじゃあさんもエントリされてましたので、ご紹介するとともに、TBさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/18

無事帰国しました

16日に3泊5日の出張から無事戻りました。その間に東京はすっかり“秋モード”に移行していたようですね。
出張先もすっかり秋でして、半袖シャツでは少々寒く感じるほどでした。

しかし、今回は時差ボケにやられました…(^^;)。

続きを読む "無事帰国しました"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/20

LL.M.取得後のキャリア構築の一例

今朝は気持ちいい天気でした。青空に数えるほどの雲が見え、柔らかい日差しに、そよ風。“夏の期間”限定で朝の通勤時のみバスを利用していましたが、今日は思わず最寄駅まで歩いてみました。うっすらと汗を掻く程度の早歩きで駅がある坂を上りきりましたが、何か爽やかな気分でした。秋の訪れを実感した次第です。

これとは別に例の時差ボケは、相変わらず続いており、昨夜も帰宅途上の電車の中では立ったまま寝てしまうような状態でしたし、今朝も目覚まし時計の音に気づかないほどでした(^^;)。徐々に改善されるのでしょうが、今度の海外出張では皆さんから教え頂いた対策を講じたいと思っています。

さて、今回は先日の出張の際にお会いした日本人弁護士の方についてお話させていただきましょう。あまり具体的なコトを書き記しますと特定されてしまう可能性もあるので、抽象的な表現にならざるを得ませんが、予めご了承くださいませ。この世界、広いようで意外に狭いものと思っておりますので…(^^;)。

続きを読む "LL.M.取得後のキャリア構築の一例"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/22

NYCのホテルとレストラン(その1)

昨夜、帰宅時に自宅近くの住宅地を通り過ぎると、何とも芳しい香りが鼻をつきました。「うーん、あの花かな…。」と当たりをつけておいて、今朝、今度は最寄駅までの途上でその香りの主をしかと確認しました。やはり、予想どおりの「金木犀(きんもくせい)」でした。この香り、Deaconは好きなんですなぁ。なんか、去年の同じ頃に同じコトを書いていたのではないかと思い、調べてみたら…。やっぱり、ありました(その時はこんな内容のエントリでした---懐かしい!もうあれから1年経ったんですねぇ。感慨ひとしおです、ハイ)。

前回エントリに続き、先日の米国出張時の「こぼれ話」ということで、今回はNYCで宿泊したホテルと食事について、少々お話してみましょう。今回の出張も慌しく決まったこともあり、ホテルの手配は現地法人の方にお願いしました。すると、どこもかしこも一杯だというんですね。何でも学会とファッションショーが重なって、どこも満室。運良く空いていても「プレミアム価格」という始末。そんな中から、さすが、現法の“チカラ”でしょうか。ホテルを確保してくれました。ご存知の方はご存知だと思います、某日系のホテル。なんとその日は1泊345ドル!噂ではマンハッタンに複数あるHoliday Innのどこぞやが600ドル以上だということでしたから、それに比べれば格安(?)ですよね。それでも、Deaconにとっては高い部類に入るわけで…(^^;)。

Khotel2 Khotel1

続きを読む "NYCのホテルとレストラン(その1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/25

NYCのホテルとレストラン(その2)

仕切り直しの「オフ会」ですが、日程がほぼ確定しました。ご参加希望のご表明いただいたご方にはご連絡させていただきますので、よろしくご確認ください。

さて、前回エントリで「次回はレストランのお話でも…」と書きましたが、そのエントリに対して dtkさんからいただいたコメントにびっくりしました。いや、正確には、コメントの中で取り上げられたいたサイト(ブログ)の中で取り上げれられていたレストラン(回りくどい言い方になっていますが…ご容赦!)に、今回、Deaconが行ったレストランが入っていたのです。Deaconがブログに取り上げるほど美味しかったのですが、ちょっとググッてみましたら、幾つもヒットしました。つまり、Deaconの“美味しかった!”という味覚は、単に主観的なものではなく、客観的にも裏付けられたものであった…ということです(^^)。

続きを読む "NYCのホテルとレストラン(その2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/27

1年目の秋学期(その8)

ここ数日は雨模様が続いたりしましたが、爽やかに晴れ上がった青い空を見ると、懐かしい“カロライナ・ブルー”を思い出させてくれます。
Wake Forest Univ. School of Law に留学中だったと思うのですが、“October Sky(邦題「遠い空の向こうに」・1999年)”という映画を観に行った記憶があります。映画の舞台はノースカロライナではないのですが、そこでしばしば映し出されるその空は将にノースカロライナで毎日拝んでいたその空と一緒だったというイメージが残っています。こんな感じです(Deacon Family のメンバーであるfkittyさんのブログから拝借しました)。そして、これが黄昏時になると、その夕陽と紫雲が絶妙なコントラストをかもし出します。秋の「紅葉狩り」の帰途、グレート・スモーキー・マウンテンに沈みゆく夕陽は圧巻でした…(遠い目)。

さてさて、“旧き良き”思い出はこの辺にして、久々に本編に戻りましょう。そう、LL.M.留学1年目の秋学期、最初の学期末試験のお話でしたね。

続きを読む "1年目の秋学期(その8)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »