« Thanks Giving Holiday (その5) | トップページ | オフ会情報 »

2006/08/18

Thanks Giving Holiday (その6)

今日は待ちに待った「いざや カブかん!」DVDの発売日!「待ちに待った」のは私ではないですよ、ウチのチビですから。とはいえ、当の本人は発売日おろか自分の親が注文していたことすら知らないのですから、やはり「待ちに待っていた」のはDeacon本人なのかもしれません(^^;)。

毎朝(平日7時10分~)NHK教育で放映されている「からだであそぼ」という番組の中で、この踊りが披露されるわけですが、どうも子供たちの琴線に触れたようで、この踊りが始まると寝起きで愚図愚図していても吹っ飛んでくるんですね。そしてTVの前で染五郎さんと一緒に踊りだすという具合で…。毎日観ていますと、こちらまで何か嵌ってしまうというか、通勤時に歩いている時など、知らないうちにフレーズを口ずさんでいたり…(^^;)。これに限らず、子供たちに日本の古典芸能に親近感を持たせるような構成が多くて、なかなか宜しいかなと(「にほんごであそぼ」とか)。因みに、「えいごであそぼ」もあるんですよねぇ。Deaconの時代にもこんな番組があったら、あの忌まわしき「英語嫌い」「英語恐怖症」にならなかったかもしれません(苦笑)。

さてさて、ワシントンDCのお話に戻りましょう。

汗を流してさっぱりしたところで、地下鉄でワシントンDCの中心に向かいます。DCの地下鉄はNYCのそれよりも綺麗でスタイリッシュだなぁとの印象を持った記憶があります。シェイダ達の案内でジョージタウンの街を散策することにしました。うーん、懐かしい!この街には90年代初めに受講したサマースクールの帰路、当時 GWU Law SchoolLL.M.プログラムに留学中だった2号さん(勤務先の先輩)を訪れた時に、案内してもらったことがあります。その時にも感じましたが、とても活気がある街でしたね。やはりGeorgetown Univ.を始めとする学校群のお膝元だからでしょうか。若者が多く、小洒落たお店も多いですし、Winston-Salemとは全く雰囲気が違う街でした。何か、こちらまでウキウキしてくるような、そんな感じです。Thanks Giving Holiday ということもあるのでしょうが、夜遅くまで煌々と明かりが灯り、人の波が途切れることはありませんでした。正直、こういう街での留学生活もイイかもしれないと思ったものです。

とりあえず…ということで、とあるスポーツバーに入りました。ちょうどカレッジ・スポーツたけなわの時期だったこともあり、TVはUNCUCLAの男子バスケットボールの試合を放映していました。両校ともバスケの(いや、それだけに止まりませんが)名門校、強豪校ですから、注目の一戦でした。しかも、シェイダもバンスも学部もMBAもUNC卒ですから、もう最初から興奮状態です(笑)。試合は一進一退の好ゲームでしたが、最後は敵地に乗り込んだUNCが劇的な勝利を収めました。普段はWFUのライバルであるUNCですが、こういう状況下ではもちろんUNCを応援してしまいますね。もう、すっかり気持ちはNC州民になっていましたから(^^)。

そうそう、UNCには何回か訪れたことがあります。Winston-Salemから車で小1時間程度のところのChapel Hill という街にあります。典型的なカレッジ・タウンという感じで、雰囲気もとても良かったです。伝統ある州立大学で学問もスポーツも評価が高い学校で、あのバスケのマイケル・ジョーダンの母校でもあります。いけない、いけない、話し出すと長くなりますので、また別の機会にでも…。

下戸のDeacon夫婦はあっという間にほろ酔い状態。かつ、慣れない長距離ドライブの疲れもあって、もうグロッキー状態でした。酔いが回るのが早いこと、早いこと。翌朝は“Special Plan”が控えていることもあって、ホテルに戻ることにしました。「まだまだ今宵は…」という思いがありありのマイケル(なんてったって、まだ20代半ばですから…)でしたが、ここはグット我慢の子ということか、Deacon達と一緒にホテルに戻ってきました。ホテルに戻ると、文字通り「バタン・キュー」。

翌朝は早いですから…。ええ、ちょっと並ばなくてはならないので。ここまでしなくてはならない“Special Plan”のお話は次回のお楽しみとしましょう!

|

« Thanks Giving Holiday (その5) | トップページ | オフ会情報 »

8.留学(オフ・タイム)」カテゴリの記事

コメント

Deaconさん、こんばんは。いつもお励ましのお言葉ありがとうございます。

我が家も毎朝、NHK教育をつけています!ぜんまいざむらい→クインテット→にほんごであそぼのラインアップを見てから私は出発しています。うちはちびがまだなので、大の大人二人が楽しませてもらってます。本筋からそれたところに食いついてしまい申し訳ありません(^^;)。

投稿: すぎ | 2006/08/19 00:21

> すぎさん
コメントをありがとうございました。
この時間帯、何気に大人も楽しませてもらってますよね(笑)。思わず、幼き時代を思い出したりと…。

オフ会、具体的に詰めていきましょう!
今後ともよろしくご贔屓にお願いしますね。

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/08/19 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/11495747

この記事へのトラックバック一覧です: Thanks Giving Holiday (その6):

« Thanks Giving Holiday (その5) | トップページ | オフ会情報 »