« 自動車の購入(その1) | トップページ | 時間稼ぎ? »

2006/03/16

自動車の購入(その2)

ようやく「春の嵐」は去っていったようで…。凄い風雨でしたねぇ。今夜はWFUの日本人留学生OBでもある友人と久々に旧交を温めてきました。いろいろなお話をしてほろ酔い気分で地元の駅に着いたら、強烈な風と雨。すっかり、酔いが醒めてしまいました。

「春の嵐」と言えば、今年もこんな季節が近づいてきましたね。例年どおり「壮行会兼OB/OG会」を開催したいと考えておりますので、WFUご留学を決められた方は、ご遠慮なくご参加ください。

前回のエントリを書き終わってから、「そういえば、過去に留学予定者の方々に配ったFAQ集があったなぁ。その中に「自動車購入」の項目もあった筈。」と思い出しました。そこで、FAQを引っ張り出してみましたので、該当部分(一部修正済み)をここに抜き出してみたいと思います。

<以下、FAQ集からの引用>

(中略)
3.車について
【ご質問】
(1) 車はどこで購入されましたか?
【ご回答】
 私は「ホンダのディーラー」から「マツダ626・91年モデル」を諸経費込み7,500ドルで購入し、1年半後に4,500ドルで日本人留学生に売却しました。
 このように、ディーラーを通じで購入するか、個人売買で購入するかのどちらかになると思います。日本車であれば中古車でも問題ないと思います。この時もやはり、最初はP教授のリサーチアシスタントに同伴してもらい交渉してもらいました。
 最初は誰かに付き合ってもらうのがベストと考えます。個人売買は、インターネットが参考になります。ただ、これも相手が「個人」であるだけに、それなりの注意(売主の信用、目的物の瑕疵、保証等)は必要と思います。これらのリスクを内在させているせいか、ディーラーを通すより安価に取得できます。
 結論として、①ケースとしては稀ですが知り合い(友人)から譲ってもらうのがベスト。次に②ディーラー、そして、最後に③個人売買(全くの見ず知らずの他人から購入)という順序でしょうか。ただ、皆さんの場合、現在、日本人留学生がおりますから、彼らの帰国に合わせて譲ってもらう(①のケースに該当)のが一番宜しいのではないでしょうか。

【ご質問】
(2) 車を購入する際の注意点は何でしょうか?
【ご回答】
 やはり「安全性」と考えます。とにかく車がないと生活が成り立たないと考えて間違いないと思います(○○さんから伺っていると思いますが)。
 そこで、中古車購入の場合は「事故歴」の確認が必要でしょう。日本でいう「車検証」のようなものを見せてもらうことです。特に個人売買ではお気をつけください。「騙される方が悪い」ということにもなりかねませんので、慎重に進める必要があります。「遠慮は無用」です。「こんなことを聞いたら失礼?」など不要です。疑問に思うことは遠慮なく尋ねて、開示してもらわなければなりません。
 「ディーラーから買ったから問題なし!」という訳にもいきません。中には腹黒のディーラーもいます(それを本人は「腹黒」と思っていないところが救いようないですが…)。
 特に「保証」については要注意です。私も1回揉めましたし、過去の留学生も揉めたようです。きちんと確認してください。私の車は「1年間の保証」が付いていました。またそのような「保証付き」の車にすべきです。ディーラー経由の場合、値段は個人売買より高くなりますが、この「保証」が付いているからこそ、ですから。

何かしらご参考になれば幸いです。
次回は、いよいよ始まった「授業」について、思い出を書いてみましょう。

|

« 自動車の購入(その1) | トップページ | 時間稼ぎ? »

6.留学(セット・アップ)」カテゴリの記事

コメント

追伸です。
学校の掲示板にも「売ります!」なんていう告知が貼りだされたりしますので、それも有用かもしれません。自分と同じ学校の学生ですし、時々、教授やスタッフからの貼り出しがあったりします。
これらは「信用」という点で、良いのではないでしょうか。

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/03/17 21:11

10年以上法務部で働いておられるようで、しかも海外留学まで行かれて大先輩にお聞きしたいのですが。法務部の人事ローテーションってどうなってるんでしょう?会社によって違うかも知れませんが、この度、営業を数年やって法務部に配属されたのですが、この先の自分のキャリア形成を考えていました。

投稿: 法務配属 | 2006/03/19 14:01

> 法務配属様
コメント、ありがとうございました。
法務部の「人事ローテーション」についてですが、おっしゃるとおり企業ごとの人事ポリシーによって変わってくると思います。
最初から法務のスペシャリストとして教育していく企業もあれば、他の職種同様にローテーション制度の枠内で廻していく企業もあるでしょう。
法務配属さんの企業が「経営法友会」に入っておられれば、「法務部門実態調査報告」など資料があると思いますので、参考になるかもしれません。
概要は次のサイトでも見れます。
http://www.keieihoyukai.jp/examine/hyoshi.html

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/03/19 17:03

アドバイスありがとうございます。大先輩としてHP注目しております。

投稿: アドバイス有難うございます。 | 2006/03/20 01:02

なるほど。僕は自動車の運転をしたくないと思ったので、自動車なしで済むところを選んだのですが、やはりあると違いますよね。

ちなみに、コメント欄でのやり取りについて横からコメントさせてもらうと、僕も企業に入って5年目で国内法務(本社機能の一つとして、全社の国内の係争管理とか法律相談対応とかをする部署)に行きました。一応希望していたので。4年半そこにいたあと海外法務の方に異動になって、2年してから今アメリカのロースクールに来てます。Deaconさんが書かれているように会社によって考え方は色々とあると思いますが、営業にいた経験は法務でも生きると思います。営業マンの視点からは同見えるかというのは、ずっと法務にいた人間にはなかなか分からないですから、それを如何にうまく使うかがミソだと思います。

投稿: dtk | 2006/03/21 23:00

dtkさんのおっしゃるとおりですね。
私はもうかれこれ社会人15年目に突入することになるのですが、最初からずっと法務です。そのため、「営業のイロハ」を知らないことも多く、最初は本当に苦労しました。いえ、現在でもそうですが…(^^;)。
営業なり、他の部署を経験してから法務部に異動されるのはある意味「大きな武器」になるでしょうね。
最近、法務系ブログで話題になっているテーマにも関わってくるかと思います。社外の弁護士さんとの大きな差別化にもなるわけで…。
そういう意味でも「法務配属」さんには、前職の経験を大いに活かしていただきたいと思います。

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/03/22 17:19

HPランキング王「英語」 の管理人です^^
ランキングへの参加ありがとうございます。

リンクの貼り方が間違っているのを確認しましたのでお知らせいたします。INのカウントができないリンクの貼り方になっております。詳しくはこちらを参考にしてください
http://yasu80.boy.jp/rank/eng/html/ex.html
IDは、Deaconとなっていますので「あなたのID」のところをそれで置換して貼り付けてください。よろしくお願いします。

投稿: Yasu | 2006/03/23 13:29

Yasu様
ご連絡、ありがとうございました。
ご指示のとおり貼り付けてみましたが、反映されているでしょうか?
バナーが表示されないので、厭な予感がしているのですが…。不具合がありましたら、またお知らせください。

投稿: 管理人(Deacon) | 2006/03/23 19:38

見たところ、alt=""の括弧の中にコードを入れているように思います。cgi経由で移動するようになればOKですが、今は、直接htmlにリンクしている感じになっています。一度、リンクをはずしてもらってまっさらにしてもらって、そこにコードを入れていただけるとよいと思います

みんなの英会話奮闘記と使ってるプログラムが同じなので基本的にそこと同じです。みんなの英会話奮闘記の文字の部分も直接htmlにリンクしているのでそこから人が移動した場合は、カウントはされてないはずです。
また何かあればメールで聞いてくれるとよいです
よろしくおねがいしま~す

投稿: Yasu | 2006/03/24 13:34

メールアドレスはここです
yasu_m80@hotmail.com

投稿: Yasu | 2006/03/24 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/9124653

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車の購入(その2):

« 自動車の購入(その1) | トップページ | 時間稼ぎ? »