« College Sports のお話でも… | トップページ | プロフィールの変更 »

2006/02/04

UCDサマースクール(その7)

サッカーも野球も新しいシーズンに向けて活動が始まったようですね。サッカーはW杯がありますし、野球も新しい世界大会があるようで、ファンの方々にとっては例年以上に楽しみが増えそうですね。管理人にとっても然りです。今年は元旦早々、浦和レッズの天皇杯優勝にはじまり、大好きな小野伸二選手の浦和復帰、昨年暮れの話になりますが、これまた好きな長谷部誠選手の日本代表入りと嬉しいニュースが続々です。Jリーグ創設からの浦和ファンである管理人にとってはここ数年のチームの躍進はまさに“エネル源”。

そもそも浦和レッズのファンになったのは…と始めるともう延々と続いてしまいますので、これはまた何かの機会で(笑)。では、少し間隔が開きましたが、UCDサマースクールの後編にあたる「アメリカ法入門」コースについて、お話ししてみましょう。

法律英語コース」ではレベルや内容によって少人数クラスになっていましたが、この「アメリカ法入門コース」は基本的に全員一緒に授業を受けるという形でしたから、言ってみれば、日本の大学での大教室での授業を想起していただければと思います。合計で120名程度の学生が教授の講義を聞くという構成を取る授業が多かったと言う記憶があります。確かに、本来1年(場合によっては2年)掛けて教える科目(契約法等)をわずか数日(科目によっては1日、これも数時間!)で講義する訳ですから、とても「ソクラテス・メソッド」では時間が足りない…。

当時のシラバスを見つけましたので、ちょっと拾ってみましょう。
初日のオリエンテーションを経て、2日目から講義が始まっています。この日は午前、午後を通じて“Constitutional Law”(合計6時間)。3日目が午前中いっぱいを“Civil Procedure (1)”、午後は“First Amendment and The Press” “Research Techniques” “Legal English”。4日目は“The Legislative Process” “The Federal System” “Criminal Justice and Judicial Management” “Legal English”。
将に「アメリカ法入門」という感じで、幅広い法律を取り上げながらもあまり深くは入り込まない、というスタイルでした。上記しましたが、日程を考えれば、またその趣旨を考えれば、よく考えられたカリキュラムと講義内容だったと思います。

また、これらのクラスに加えて、サマースクール後にLL.M.留学を計画している参加者を対象に“Pre-LL.M.”というクラスが準備されていました。だいたい、夕方の6時30分から9時30分までの3時間で、アサイメントを中心に講義が進められるというもので、多少ソクラテス・メソッドも使われていました。判例の分析や具体的な事例を与えられたりと実践色が強いものでした。ただ、時間が時間でしたから、睡魔と闘うこともしばしばだったことも事実です(^^;)

このクラスではパット(先日のエントリに登場のタイの検事さん)も履修していましたので、よく一緒に授業を受けていましたし、夕食も一緒に取っていました。管理人は一度アパートに帰ってからワイフ殿が作ってくれた夕食(夜食)を持って出掛けていたのですが、単身でホームステイ中のパットはお昼の手製ランチを残して夕食にあてていました。いくら乾燥しているとはいえ、30度を越す中をクーラーボックスなしにお弁当をキープしていることに他人事ながら気になり、ある日、失礼のないように夕食(夜食)のオファーをしてみました。彼は気分を害すこともなく受け入れてくれたので、それ以降はワイフ殿に2人前のサンドウィッチを用意してもらい、彼と一緒に食べてから授業に出ていました。これも今となれば懐かしい、そして良い思い出です。

このサマースクール中にもいろいろな企画が用意されていました。金曜日の夜や週末のいわゆる「息抜き的」なイベントに加えて社会見学も含まれていました。この中にとても興味深いものがありましたので、これを次回にでもお話してみたいと思います。ご期待ください!

|

« College Sports のお話でも… | トップページ | プロフィールの変更 »

5.留学(サマースクール)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/8504883

この記事へのトラックバック一覧です: UCDサマースクール(その7):

« College Sports のお話でも… | トップページ | プロフィールの変更 »