« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/02

College Sports のお話でも…

今回も“こぼれ話”ということでご勘弁を…(^^;)

UCDサマースクール関連の資料がどこぞに隠れているのか見つけることができず…って感じです。管理人の性格からいって決して廃棄したとは思えませんので、必ずある筈。もう少しお時間をくださいませ。本編のピンチヒッターということで、今日は「大学スポーツ」について、徒然と書かせていただくことにします。duncan 【写真は大学OBのティム・ダンカン】

続きを読む "College Sports のお話でも…"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/04

UCDサマースクール(その7)

サッカーも野球も新しいシーズンに向けて活動が始まったようですね。サッカーはW杯がありますし、野球も新しい世界大会があるようで、ファンの方々にとっては例年以上に楽しみが増えそうですね。管理人にとっても然りです。今年は元旦早々、浦和レッズの天皇杯優勝にはじまり、大好きな小野伸二選手の浦和復帰、昨年暮れの話になりますが、これまた好きな長谷部誠選手の日本代表入りと嬉しいニュースが続々です。Jリーグ創設からの浦和ファンである管理人にとってはここ数年のチームの躍進はまさに“エネル源”。

そもそも浦和レッズのファンになったのは…と始めるともう延々と続いてしまいますので、これはまた何かの機会で(笑)。では、少し間隔が開きましたが、UCDサマースクールの後編にあたる「アメリカ法入門」コースについて、お話ししてみましょう。

続きを読む "UCDサマースクール(その7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

プロフィールの変更

わざわざ告知することでもないのですが、このブログのほうがメインになってしまったので(^^;)、それに即した内容に変更してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

UCDサマースクール(その8)

将に「三寒四温」というのでしょうか。暖かい日が続いたかと思うと寒い日が戻ってくるという日々が続いていますねぇ。管理人が住んでいるところでも、今朝方は0℃でしたし、今夜の夜更けから雪が降るとの予報も出ています。雪が珍しい子供たちにとっては嬉しいでしょうが、グジョグジョになった雪解け道を歩くことになるパパ、ママたちには恨みの雪といったところでしょうか。

さて、今回はUCDのサマースクールで企画されたあるツアーについて書いてみましょう。今の季節と打って変わって真夏の出来事です。

続きを読む "UCDサマースクール(その8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

UCDサマースクール(その9)

先日、WFUのロースクールへの留学(LL.M.)をご検討されている方からご連絡をいただきました。もう、そういう季節なんですよねぇ。そろそろ合格通知が届き、どの学校に留学しようかと迷われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
このブログが少しでもお役に立てば幸いです。今回でUCDサマースクールについてのお話は最後になります。あまり濃い内容のものをご提供できなくて申し訳なかったのですが、雰囲気だけでもお伝えできていれば管理人としても嬉しい限りです。

それでは、本編に入ることにしましょう。

続きを読む "UCDサマースクール(その9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

先輩方に御礼申し上げます

【今回は特別に特定の方へのメッセージなります。悪しからずご了承ください。次回はもちろん本編に戻りますので…(^^;)】

どんなに遅かろうが、どんなに酔っ払っていようが、どんなに頭痛が酷かろうか、そして、どんなに眠かろうが、やはりお礼だけは申し上げておかないといけないと思っております。

ろじゃあさん、埼玉のよっちゃんさん、そして、ひまわりてんびんさん、今日はどうもありがとうございました。“目からウロコ”のようなお話、大変興味深く拝聴いたしました。自分の将来(キャリア・プラン)について、今一度見直す必要があるなと感じた次第です。

皆様からの“特命事項”、しっかりと受け止めたいと思っています。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/12

UCDサマースクール(番外編)

週末を利用して写真を探し出してきました。その当時はまだデジカメもそれほど普及しておらず、管理人たちは専ら一眼レフで写真を撮っていました。従って、2年間で消費したフィルムの数は100本を軽く超えています。帰国後、せっせとアルバム作りに励む予定だったのですが、目先の雑事に終われ、そのうち出産などがあったために結局写真は一部を除いて“お蔵入り”状態になっていました。

ブログに掲載することで臨場感も多少は出るだろうとの考えから、時間を見つけては捜索していたのですが、ようやくその内の一部を引っ張り出すことに成功!しかし、中身を見るとほとんどが管理人かワイフ殿が写っているということで、なかなか載せるのに適当なものがありませんでした(^^;)。えっ、「管理人たちが載っていたっていいじゃないか」ですって。いえいえ、冗談でも見ない方がいいと思いますので…(笑)。

とりあえず、サマースクール期間中に訪れたサンフランシスコの写真(金門橋の一部が見える写真と高台にある公園からベイエリアを見下ろした写真)をアップしておきます。summer_school-1 summer_school-2

もう一つ、忘れられない思い出としては、日本人参加者三家族で行った「ドリカムのコンサート」がありました。小さい会場だったのですが、もう開場前から長蛇の列!たまたま、ファンクラブに入っている方がいらっしゃり、その方の情報でこのコンサートを知りました。開場2時間前に行ったせいもあり、最前列をゲット!最後には吉田美和さんと握手までできましたっけ。うーん、懐かしい思い出です。最近、CMなどでドリカムの音楽がかかっていたり、メンバーが登場したりしているのを見て、あの頃を思い出した次第。

さて、次回からは舞台をノースカロライナ州のウィンストン・セーラムに移して、お話することにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

再び Winston-Salemへ

今年初となる海外出張が決まりました。ここんところ、“ちょっと一息”って感じだったのですが、再び忙しくなるかもしれません。また恒例のとおり、出張中は現地からの生情報(有用な情報をご提供できれば良いのですが…)をお届けしたいと思います。

それから、スキャナが復活しましたので、以前のエントリでペンディングになっていた「出願校リスト」と「チェックリスト」をアップしましたので、一応ご連絡させていただきます。

それでは、いよいよLL.M.留学についてのシリーズに入ることにしましょう。wfu-1 aerial3 chapel-night

続きを読む "再び Winston-Salemへ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/14

生活セット・アップ(その1)

残念でしたねぇ、加藤条治選手。ちょっとしたきっかけから、彼には特別な思い入れが入っていたんですが…。“ちょっとしたきっかけ”については、mixiの日記に書いておりますので、興味ある方はご覧ください。まあ、大したことではないんですが…(^^;)。

先日、今週末からの海外出張が決まった途端、次から次へと仕事の依頼が殺到しています(現在進行形です)。“マーフィーの法則”かと思いきや、Outlookの予定に出張予定を書き込んだことが原因のようです。

「出張に出かける前に依頼しておこう」ということらしく、ご贔屓のお客さんからそのお客さんから紹介されたご新規さんまで。ここでいう“お客さん”とは会社(関係会社)の営業部門や研究開発部門の「内輪」の方々になります。まあ、管理人の仕事は「信用」が大事ですから、多くのリピーターさんが付いてもらわないと“商売あがったり”ということになります。

お蔭様でここまで商売繁盛が続いていますが、これに胡坐をかかず常に上を目指していかないといけないなぁと思っていたときに、(先日も触れましたが)企業法務の先輩方とお話する機会を得て大変啓発された次第です。今回の出張もある意味、法務の存在意義みたいなところも試される訳で(相変わらず大袈裟かなぁ)、気合が入っているところです。

まっ、それはそれとして、本編に入ることにしましょう。【写真は管理人夫婦が1年半住んでいたアパートの写真です】

wfu-7 wfu-6

続きを読む "生活セット・アップ(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/27

今週から復活です!

随分とご無沙汰してしまいました(^^;)。

17日に出国して、22日に無事帰国しました。出張先から徒然日記を書こうと思っていたのですが、今回はなかなかそのような時間が取れず、唯一 mixiの日記に1回エントリするのが精一杯という感じでした(ここをクリックすれば、その日記が読めます!大した内容ではないですが…)。

今回の出張でも得るものが多く、収穫大でした。週末の土曜日は完全オフということで、NYCの休日を満喫することができました。大好きなメトロポリタンの美術館でひと時を過ごし、その後は歩いて以前半年ほどですが、住んでいたアパートを訪ねてみたりと。

出張後半はシカゴでしたが、ここではシカゴ郊外にある有名カニ料理屋でカニやエビを食べまくりました。このお店、“BOB CHINN'S CRAB HOUSE”は、全米のレストラン集客数で毎年上位を占めており、最新のものでは第5位(因みに第1位は“Tavern on the Green”でした。このレストランにはNYCでのローファーム研修時代に行ったことがありますが、さすがに洗練されたレストランでした。)となっています。

今回も食べ慣れた方々と一緒でしたので、「○○カニは身が柔らかい」とか「××ガニはパサパサしている」などのレクチャーを受けながら、選んでいきました。前回は、最初に出てくるガーリックトーストを食べ過ぎてしまい、本番のカニを堪能する前に満腹状態になってしまったので、今回はうまーくペース配分をして、ビールもそこそこにしてカニとエビと格闘することに成功しました。いやー、食べた、食べた…(^o^)。

しかし、翌日のミーティングでは、相手の方々は強烈な“ガーリック臭”には参っただろうなぁ…(^^;)。

何はともあれ、今週から復活です。帰国したら、ものすごい量の仕事が…。なかなか、ブログにまで手が回りませんでしたが、明日あたりから仕事を捌きつつ、記憶を喚起させながら、留学回想記となる本編再開を目指したいと思います。
Dscn2124 

【写真はカニ屋さんで買ったマグネット(6ドル)とマッチ箱(無料)】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »