« 指導教授との対面! | トップページ | A Happy New Year! »

2005/12/30

アパート探し(その1)

事実上、今日(おっと、日付が変わっていますから29日のことになります)から「正月休み」になります。午前中早々に年末の買出しを済ませるなど、家事の“一部”をこなします。今日はサッカー天皇杯の準決勝ですからね。最初から最後までしっかりと観ておきたいですから。TV放送開始の午後3時前にはちゃんとTVの前に座ったのですが、前の試合が延長戦になってしまい、結局前半の30分過ぎからの放映となってしまいました。まあ、結果的にはもつれましたが、決勝進出ということで良しとしましょう!

では、気分良く本編に入るということで。

たっぷりと睡眠を取ったこともあり、翌朝もしっかりと予定通りに目が覚めました。そういえば、まだ時差ボケの影響は出ていないようです。緊張と興奮のせいでしょうか。この日も再びP教授が愛車のVWのビートルを操って迎えに来てくださいました。相変わらず英語への不安はありながらも、昨夜2時間程度会話をしたこともあり、ずいぶんと気持ち的にリラックスしている自分がいました。

ロースクールの前の駐車場に車を止めて、いよいよロースクール校舎内へ足を踏み入れました。そのままDean室へ。Deanとの対面です。自己紹介と職歴などを語り終えると、あらら、再び昨夜と同様の展開に。日本の法制度や司法試験制度についての質問が飛んできます。さらに悪いことに(管理人にとってですよ)、Deanの英語が今ひとつ(いや“ふたつ”ほどか…)理解しづらいのです。それが所謂「南部訛り」というのが後でわかりましたが…。これも後から知りましたが、Deanはその昔、クリントン元大統領の夫人であるヒラリー女史と同じ法律事務所で働いていたとか(短い期間ではあったらしいですが、同僚だったようです)。その関係かどうかは定かではありませんが、クリントン元大統領の腹心(?)もWFUのロースクールに教授として招聘されたとか…?ヒアリング力不足による混乱もありましたが、昨夜のおさらいのような感じでもあり、無事Deanとのご面会は終了。ほっとしました。日本からの気持ち程度のお土産(和紙でできた人形等)を差し上げたところ、大変喜んでくださり、「これは市販されていないんだよ。」と言いながら、ロースクール創立100周年記念のマグカップを二つくださりました。最近、いえ少し前になるかと思いますが、連邦裁判所の判事になられるためDeanをお辞めになったという記憶があるのですが、ロースクールのニュースから探し出すことができていません。毎度ながら、OB/OGの方からのフォローをお願いします。

Deanのお部屋からP教授と共に出ると、そこに若い学生風の方が2名待っていました。実はこのお二人ご夫婦で旦那さんがロースクールの学生さん(この夏から2LになるJD学生)、そしてP教授の「リサーチ・アシスタント」をされている方でした。そう、P教授は管理人夫婦のアパート探しに彼らを“助っ人”として派遣してくれたという訳です。非常にフレンドリーな二人で、早速アパート探しに付き合ってくれました。

「リサーチ・アシスタント」とは教授のアルバイトのようなものであり、判例や法律の調査を行い、教授の執筆活動の手助けをするという感じできちんとお手当ても出るということでした。そうそう、P教授の専門は会社法と証取法になります。管理人のWFUでの専攻を「ビジネス法、特に会社法関連」と希望したために彼が指導教授になったということでした。

さて、助っ人学生さん夫婦(これからはブルックス夫妻と言いましょう)とのアパート巡りが始まりました。彼らはまだ大学(学部)を卒業したばかりで、卒業後すぐにロースクールに入学したようです。お互い、故郷のジョージア大学での同級生で卒業後すぐに結婚されてこのWFUに来たということでした。ビジネススクールとは違い、特にこのWFUでは学部卒業してから職務経験を経ずにそのままロースクールに進学してくる学生さんが多かったですね。お互いに、いろいろ身の上話などをしながら、いよいよ最初のアパートのゲートをくぐりました。

(年末年始、それなりに忙しくなりますので、いつエントリできるかわかりません。なるべく、書き込めるときに書いておこうと思っていますが、1週間程度ご無沙汰するかもしれませんが、悪しからずご了承ください。)

|

« 指導教授との対面! | トップページ | A Happy New Year! »

6.留学(セット・アップ)」カテゴリの記事

コメント

Deaconさん、こんにちは。
いよいよ始まったという感じですね。
僕の場合は同じ会社から続けて同じロースクールに派遣だったので、ノートも含めいろんなものをお膳立てしてもらったので、アパート探し(こちらにいる日本人の業者の方を紹介してもらっていました。さすがに物件探しは自分の目で見ないと怖いので来てからしましたが)を含め相対的には楽だったのではないかと思います。

投稿: dtk | 2005/12/30 14:02

dtkさま、いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございました。
ようやくこれからは渡米後のお話になりませす。しかし、もう5年以上前の話になりますから、手元にある日記まがいと記憶に頼るって感じです(笑)。お役に立てるようなコトが何かあればいいんですが…。またお越しください。良いお年をお迎えください!

投稿: 管理人(Deacon) | 2005/12/31 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/7900014

この記事へのトラックバック一覧です: アパート探し(その1):

« 指導教授との対面! | トップページ | A Happy New Year! »