« 出願準備から学校選択まで(第13ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第15ラウンド・合否状況②) »

2005/12/05

出願準備から学校選択まで(第14ラウンド・合否状況①)

関東地方も小雪が舞うのでないかとの予報がありましたが、ここ数日の朝夕の冷え込みはかなりのものですね。それでも、先日のシカゴ郊外での氷点下10℃を身体が覚えているせいか、家族や周りの人が言うほどの実感はありません(笑)。身体は案外あっさりと寒さ(暑さ)に適応できるもんなんでしょうか?極度の“寒がり&冷え性”の管理人は、留学先選びにこの「寒さ」もポイントとしましたが、あまり深く考える必要はなかったんでしょうか…?

前回は何か尻切れトンボのような感じで終わってしまいましたが、ちょっと時間がなくなってしまったということでご勘弁ください。

さて、前回の続きになりますが、そのFAX(現地日付で2月9日付)には次のような出だしで始まっていました。
“You have been admitted to the Master of Laws (LL.M.) Program in American Law of the Wake Forest University School of Law beginning in August 19xx. Congratulations.” 
そう、Wake Forest Univ. からのFAXでした。心臓の音が本当にバクバク鳴る“鼓動”が聞こえてくる中で、小刻みに震える手の中で、何度も何度も読み返しました。「これは合格通知だよね!?」と自問自答しながら、ようやく笑みがこぼれるまで時間にしてどの位かかったんでしょうか。10秒、1分、3分…? まだ誰も入っていないトイレの鏡に向かってニヤニヤしながら、それでも一瞬、顔を引き締めて「よっしゃ!!!」と一声雄叫びを上げました(笑)。

まずは最初のロースクール合格です。本当に嬉しかったですね。両親や当時婚約中のワイフ殿、会社関係、それにお世話になった方々に連絡をしたところで、ようやくホッと一息つけるような気持ちになりました。いやー、本当に長く辛い道のりだったと。合格通知自体、高校受験の合格発表を見たとき以来ですから…。それ以来、試験とつくものには、本当に“ご縁”がなかったものですから(正確には、本人の実力不足なんですけど)…。

これでとりあえず行き先は確保できた。しかも第1志望群の学校じゃないですか。それに、合格通知のレター(レターに日付は2月5日付)が本人に届く前に、FAXで知らせてくれるなんて、こちらの気持ちを読んでくれているじゃないか、Wake Forest。気に入ったぞ!Wake Forest。こんな感じでしたね。WFUには1月14日に出願書類一式を送付し、その後「受領通知」や「現在審査中」という連絡をメールで貰っていたので、そろそろかなとは思っていましたが、出願完了から3週間程度で合否結果が来るとは予想外の早さでした。とにかく、この合格通知で、気持ちの面でかなり余裕ができたのは言うまでもありません。

その後、2月中に SMU(出願日:2月9日 合格日:2月24日)と Univ. of Wisconsin(出願日:12月22日 合格日:2月24日)から合格通知が届きました。予想外(?)の展開に本当にびっくりしました。何せ、ついこの前まで「どこか1校合格できますように…」と毎日祈っていたのですから。ただ、今から思うと、SMUにしても、Univ. of Wisconsin にしても、推薦状&紹介状のパワーのお陰かなとも思っています。前のコラムでもお話しましたとおり、SMUにしても、Univ. of Wisconsin にしても、これらのレターを書いてくださった卒業大学の教授が両校ととても関係が深かったという事実があるがありました。そういうこともあり、この両校についてはこの教授が直接英文で推薦状(紹介状)を書いてくださった訳です。本当にありがたかったなぁとその当時も、そして今でも、その思いは変わりません。

その後も夢のような“快進撃”は続き、3月に入り、Temple Univ.(出願日:2月13日 合格日:3月8日) と Indiana Univ.(出願日:1月14日 合格日:3月11日) から合格通知が届きました。これで5連勝。ただ、やはりというか、予想どおりというべきか、UCBUCDCornell Univ.Univ. of Washington からは何の音沙汰もありません。ただ、Cornell Univ.Univ. of Washington については、ほぼ諦めていました。「何故か?」って。両校とも1月9日に出願完了しているにもかかわらず、とんでもないことが起きていたのです!

この詳細については次回ということで。

|

« 出願準備から学校選択まで(第13ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第15ラウンド・合否状況②) »

4.留学準備(合否と学校選択)」カテゴリの記事

コメント

デーコン人形に思わず反応してしまいました。私も当時のことを色々思い出しました。ノースカロライナが懐かしくなったらこちらにも遊びに来てください。

投稿: fkitty | 2005/12/06 07:10

fkitty様、いらっしゃいませ。

「デーコン人形」(又の名を「デーコン親父」)に反応するなんて、いったい誰???と思いきや。
実は仕事でGreensboroに行く可能性が出てきました。何とか無理やり出張を作ろうとしていますが…(苦笑)。実現した暁にはもちろん“母校”訪問しますので。
NCにご滞在中に実現すればいいのですが、どうなることでしょう。

fkittyさまのブログも拝見しました。とってもスマートですね。どうあがいても「デーコン親父」には真似できないエレガントなお作りです。もちろん、リンク集(今必死になって作成中)にお載せしてもいいですよね!

またお越しください。お待ちしています!

投稿: Deacon(管理人) | 2005/12/07 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/7478756

この記事へのトラックバック一覧です: 出願準備から学校選択まで(第14ラウンド・合否状況①):

« 出願準備から学校選択まで(第13ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第15ラウンド・合否状況②) »