« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/02

口内炎との闘い!

今、飛行機の中でキーボードを叩いています。もっともネットには接続していないので、ブログ掲載される時間は後になりますが。位置的にはモスクワを過ぎてストックフォルム辺りでしょうか。

先日、お知らせしたとおり、再び欧州出張に来ています。出張中は“本編”「出願準備から学校選択まで」はお休みさせていただき、徒然草風に書かせていただくということで、お許しください。

続きを読む "口内炎との闘い!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

風邪にご用心

先日は機上でキーボードを叩いていましたが、今日は出張先のホテルからです。昨日の交渉は無事終了しました。悲壮感を漂わせて乗り込んだのですが、帰りの車の中では思わず笑みがこぼれるという感じでした。まあ、うまくいったという解釈です。

続きを読む "風邪にご用心"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

TVでサッカー観戦

現地時間で夜の10時前になります(投稿時間はもう少し遅くなりますが)。ちょうどTVでUEFA CUPグループリーグの試合中継がありました。地元のボルトンがロシアのクラブチームをホームに迎え撃つ試合です。

続きを読む "TVでサッカー観戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

ボクシング話を徒然と…

今日は帰国の日。9月終わりから11月初めまでの1ヶ月ちょっとの間に3回も欧州出張があるとは思ってもみませんでしたが、なかなかどうして、とても良い経験になりました。

初回は「まずまず」と思い、2回目には「奈落の底」に突き落とされ、3回目の今回は「よしよし」という感じでしょうか。決っして満額回答ではないですが、相手ある交渉ですから、今回の結果は成果ありと考えていいのではないかと思っています。いろいろと学びましたが、今回ほど「相手を信用する」気持ちの大切さを痛感したことはありませんでした。人によって考え方は異なるでしょうが、管理人的には「まず信用してみよう」という姿勢が大切かなと思いました(甘いなぁと言われるかもしれませんが…)。

フライトが夜なので、まだホテルに滞在してキーボードを叩いていますが、帰国便では映画「ロッキー」を観るつもりで今から楽しみです。

続きを読む "ボクシング話を徒然と…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

出願準備から学校選択まで(第4ラウンド)

土曜日の夕方に帰国して、日曜日は一日ゆっくりと身体を休めて疲れを取りました。最近の出張が祝日や週末を挟むことが多くて、家族サービスができないのが辛いところです。

先週の欧州出張は簡単に触れましたが、同行の営業部門や技術部門の方々から「リーガル(法務)に最初から入ってもらって、交渉も一緒に来てもらい、本当にありがたかった。」と口々に言ってもらいました。社交辞令も入っているとは思いますが、素直に嬉しいお言葉でした。“行動する法務”、“現場主義を実践する法務”を心掛けている管理人としては、今回のようなケースを地道に積み重ねていき信頼を勝ち取って行きたいと思っているところです。

そうそう、帰国便で観た「ロッキー」ですが、またもや泣いてしまいました…(苦笑)。それでも、観るたびに新しい発見もあるので、面白いものですね。

さて、今日から本編の再開です。また来週から米国出張が入りますので、今週はなるべく毎日アップできるように頑張りたいと思います。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第4ラウンド)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/09

出願準備から学校選択まで(第5ラウンド)

この時期、早朝の空気はとても澄み切っていて気持ちがいいですね。今朝などは空は雲ひとつない快晴で、程よく空気も冷えていて、何か“凛”とした感じがしました。何か、こう引き締まるというか、胸を張って歩きたくなるような、そんな感じです。
思わず、学生時代に流行っていた渡辺美里の“BELIEVE”という歌の一節が思い浮かびました。「♪朝一番のホームの冷えた静けさが好きさ…♪」という冒頭のフレーズなんですが、将にそんな感じなんです。わかってもらえるかなぁ…。どんなに疲れていても、この空気に触れるとたちどころに元気になってしまう…、そんな感じなんですよ。ここ最近は朝早く出社して、夜遅く帰宅するという状態なので、疲労度もかなりのレベルに達しているのですが、この空気のお陰で疲れも吹っ飛んでしまったというお話でした。そうだ、寝る前に渡辺美里のCDでも久々に聞くことにしましょう。“My Revolution”なんて聞いた暁には、興奮してまた眠れなくなってしまうでしょうね(笑)。

さて、今日はUniversity of Wisconsin School of Law を訪問したときのお話をさせていただきましょう。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第5ラウンド)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

出願準備から学校選択まで(第6ラウンド)

そろそろインフルエンザの季節ですね。新聞やニュースでもワクチン問題が取り上げられていますが、今年も流行するのでしょうか?我が家でも今週土曜日に管理人と長男は予防接種を受けてくる予定です。皆さんもくれぐれもご留意ください。

では、早速前回の続きといきましょう。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第6ラウンド)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

出願準備から学校選択まで(第7ラウンド)

先日のコラムで「留学時に持参した数冊の文庫本」について少し触れましたが、その中の一冊が、とてもお薦めで、特にアメリカ留学を考えている方にはとても参考になるのではないかと思いますので、ここでご紹介させていただきましょう。

アメリカ50州を読む地図」(新潮文庫)という本です。各州の特徴を見事に捉えているように思えます。管理人が留学2年目を迎える前の夏休みに敢行した「北米大陸一周ドライブ旅行」(これは後日このブログでもご披露させていただこうと思っています)にも携帯し、また参考にさせてもらいました。ご興味ある方は本屋さんででもちょっと手に取ってみてください。管理人の父親が渡米時に餞別の一つとしてプレゼントしてくれましたが、とても重宝しました。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第7ラウンド)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/14

出願準備から学校選択まで(第8ラウンド)

朝夕の冷え込みが厳しくなってきましたね。とうとう先週末にホットカーペットを押入れから出してきました。あのポカポカしたところでウトウトするときの心地よさ。あっという間に眠りについてしまいますね。ただ、下手をすると風邪をひく原因になるので要注意です。

明日から米国出張になりますので、とりあえず今回のコラムで本編(出願準備から学校選択まで)は一時中断しますこと、予めご了承ください。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第8ラウンド)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

See's のチョコとマーサ・スチュワート、そして初雪

おはようございます。現在、シカゴにてコラムを書いているところです。お陰さまで無事に出張目的地に到着しました。相手との交渉は明日になりますので、今日はその事前準備とその他の案件処理に追われているところです。

ちょうど、一息つけるところになったので、気分転換を兼ねてブログの更新でもと思った次第です。

続きを読む "See's のチョコとマーサ・スチュワート、そして初雪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

あぁ、口内炎が…

寒い、寒すぎる…。昨日は、結局氷点下10℃まで下がりました。「見通しが甘かったなぁ。」なんて暢気なことを言っている場合ではなく、現地スタッフのダウンジャケットをお借りする羽目になってしまいました。

続きを読む "あぁ、口内炎が…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

出願準備から学校選択まで(第9ラウンド・エッセー対策)

日曜日をゆっくりと過ごせたこともあり、疲れが取れました。何よりもサッカー(Jリーグ)のご贔屓チームが快勝したことが疲労回復の“特効薬”になったことは言うまでもありません。通勤途中の地元駅まで歩いている間、自然とチームの応援歌を口ずさみ、顔がにやついてしまうほどの嬉しさ。周りの人が気がついたら、きっと怪しまれてしまうに違いありません(笑)。でも、何よりもの薬なんですよ、好きなチームが勝つというのは!これで優勝戦線に首の皮一枚つながったので、残り3試合、楽しみです。

ということで、気分良く、仕事もさることながら、このブログも再開できるという次第です。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第9ラウンド・エッセー対策)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

出願準備から学校選択まで(第10ラウンド・推薦状対策①)

日曜日にマラソンのQちゃんの復活劇を見て感動した方も多かったかと思います。管理人もその一人で、ただ、ただ、「凄いなぁー」と感心するばかりです。逆境にくじけず、逆にそれをエネルギーに代えて復活するこのパワーに脱帽。本当に爪の垢でも煎じて飲ませてもらうコトを考えなくてはと心底思った次第。管理人に欠けている点をビシッと示してくれたQちゃんに感謝した次第です。

さて、今回は前回のエッセー対策に続き、推薦状対策について、お話しさせていただくことにしましょう。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第10ラウンド・推薦状対策①)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

出願準備から学校選択まで(第11ラウンド・推薦状対策②)

先日留学していたロースクールからLL.M.プログラム卒業生のOB/OG名簿(最新版)が送付されてきました。初年度が6名だった参加者も今では15名程度にまで大きくなっています。因みに管理人が在籍していたときも6名でした。管理人の指導教授はLL.M.プログラムの責任者でもあったのですが、「教授と学生間の交流を考えると12名~15名程度が限界だ。」とおっしゃっていましたが、現在でもその方針はぶれずに少人数教育が実践されているようです。

当然、管理人に関する情報も載っているのですが、長女の名前が「MIYAMAIRI」となっているのには、思わず笑ってしまいました。恐らく、「お宮参り」の写真を送ったときに写真の名称が「OMIYAMAIRI」となっていたので、誤解したのだとは思いますが…。「訂正願いメール」に近況を伝えようと思っています。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第11ラウンド・推薦状対策②)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/25

出願準備から学校選択まで(第12ラウンド)

昨夜は今年第1回目の忘年会(師走にも入っていないのに…)があり、ふぐに舌鼓を打ってきました。飲み放題つきで3000円以下!「“ふぐ”じゃなくて“カワハギ”なんじゃない?」なんていう憎まれ口を叩かれながらも、幹事殿は平然としておりました。

何でも航空券チケットの「早割り」や「超割り」のような制度で、早くに予約(取消不可)をすると費用は通常の半額でOKというサイトがあるようで、それを利用したとのことでした。ふぐの本場・下関出身の同僚がいて、途中首をかしげる場面もありましたが、最終的には「うん、これはふぐだ」というお墨付きを出しておりました。管理人としては「まあ美味しく食べれたからふぐでもカワハギでも構わないや。」という感じで、一人でもりもり刺身や鍋を突っついていました。もう、1年が終わるんですねぇ。早いものです…。ロースクール出願準備に追われている方は年内出願で一層忙しさに拍車がかかりそうですね。頑張ってください!

さて、今回は「いざ出願!」という時のワンポイント・アドバイスをしてみたいと思います。

続きを読む "出願準備から学校選択まで(第12ラウンド)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/28

なぜ、この学校に出願したのか?(①UCB&UCD編)

寒さも和らぎ、週末は過ごしやすかったですね。師走前の週末を皆さんはどう過ごされたでしょうか?管理人は土曜日は家族揃ってお弁当持参で公園と河川敷に行き、長男の自転車走行練習をしてきました。夏頃に比べれば格段の進歩で、支え棒(サドルの後ろに付ける取り外し自由な棒)なしでも自分でペダルを漕げるようになりました。本人もとても満足そうでした。そして、帰宅するや否やTVの前にてサッカー・Jリーグを観戦。ご贔屓チームが何とか優勝戦線に残れたので管理人もまた満足、満足という1日でした。

日曜日は買い物とクリスマスツリーの飾りつけ。留学時代にアメリカのクリスマスを知り、かなり大き目のツリーを購入して、それを持って帰ってきていましたので。ただ、押入れから出して、運んで、ダンボールを片付けて…なんてやっているうちに、もう疲れ果ててしまいました。アメリカでは本物の“もみの木”を使ってツリーとし、綺麗に飾り付けしていました。光のイルミネーションも綺麗で、住んでいたタウンハウスの周りもとても幻想的でした。近所でもそれぞれの家が「これでもかっ!」ってな感じで思い思いの装飾がなされていて、“イルミネーション巡り”と称し夜のドライブを行ったこともあったもんです。アメリカでは「感謝祭」の週も過ぎたので、これから一気にクリスマス・シーズン突入のことと思います。

さて、今回から数回に分けて、ご質問あった「なぜ、この9校に出願したのか?」について、お答えしてみたいと思います。

続きを読む "なぜ、この学校に出願したのか?(①UCB&UCD編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

なぜ、この学校に出願したのか?(②二つのUW編)

先日、以前このブログでも紹介した米国のTVドラマ「冒険野郎マクガイバー」がDVD化され販売が開始されました。一ファンとしては非常に嬉しいものがあります。今年の自分宛クリスマス・プレゼントは「これに決まり!」って感じです(「いい年こいて、何がクリスマス…」っていう声が聞こえそうですが)。今でも昆虫採集にはそんじょそこらの都会っ子には負けないという自負はあるものの、物理や化学はもうお手上げ状態。昨今の“技術屋ブーム”(別の言い方をすれば“プロジェクトXブーム”)もあって、近い将来、キッズと一緒にこの「冒険野郎マクガイバー」を観たいなぁと。そして、物理や化学に興味を持つようになったら嬉しいなぁ、なんてことを考えている次第です(我ながら安易だなぁ…)。

さて、そんなことは置いといて、早速、「二つのUW(Univ. of Wisconsin & Univ. of Washington)」について、出願した理由をお話してみましょう。

続きを読む "なぜ、この学校に出願したのか?(②二つのUW編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/30

なぜ、この学校に出願したのか?(③Cornell & WFU編)

今月はフットサルの練習や試合がなかったので、どうも身体が鈍っているような気がして、何か気持ち悪いです。「鈍っている」というより、腰が重い、足の脹脛に疲労を覚えるというほうが正解でしょうか。仕事柄、机に座ってPCを操作することがほとんでして、仕事に没頭していたり、急な案件を処理していたりするときは、出社してからお昼まで一回も席を立たないということも稀ではありません(プリンターまで数歩ですから)。出張も一段落して、再び自席で仕事をする機会が多くなっているのも原因でしょう。

12月に入るとフットサルのメンバーも忙しくなることもあり、練習は予定されていません。そんなこともあり、今後予想される運動不足を流行のヨーガなどでフォローしようかなと思っています。風呂上りにワイフ殿と一緒にってかんじですが、三日坊主にならないようにしたいと思います(笑)。

さて、今回は Cornell Univ.Wake Forest Univ. に出願した理由についてお話しいたしましょう。

続きを読む "なぜ、この学校に出願したのか?(③Cornell & WFU編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »