« 出願準備から学校選択まで(第6ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第8ラウンド) »

2005/11/12

出願準備から学校選択まで(第7ラウンド)

先日のコラムで「留学時に持参した数冊の文庫本」について少し触れましたが、その中の一冊が、とてもお薦めで、特にアメリカ留学を考えている方にはとても参考になるのではないかと思いますので、ここでご紹介させていただきましょう。

アメリカ50州を読む地図」(新潮文庫)という本です。各州の特徴を見事に捉えているように思えます。管理人が留学2年目を迎える前の夏休みに敢行した「北米大陸一周ドライブ旅行」(これは後日このブログでもご披露させていただこうと思っています)にも携帯し、また参考にさせてもらいました。ご興味ある方は本屋さんででもちょっと手に取ってみてください。管理人の父親が渡米時に餞別の一つとしてプレゼントしてくれましたが、とても重宝しました。

さて、ロースクール訪問も最後の学校になりました。州立ワシントン大学ロースクール(セントルイスにも Washington University Law School がありますのでご注意!)の次に向かったのが、カリフォルニア州にある University of California at Berkeley School of Law です。
ノーベル賞受賞者を輩出しているご存知名門大学ですよね。リベラルな学風でも知られており、ある意味、最もアメリカらしい雰囲気を今でも漂わせている学校かもしれません。

サンフランシスコの郊外に位置するこのBerkeleyという街もやはり「大学の街」という表現がぴったりでした。キャンパスも広く、くまなく回るとしたら丸1日は必至という感じです。アジア系の学生も多く、構内の語学クラスに通う日本人学生も多いように思えました。学校の周辺にはこじゃれたカフェも多いですが、ホームレスなのかヒッピーなのか区別がつかないような人たちも結構多かったですね。そんなところも全てひっくるめて「アメリカ的」というか、自分のフィーリングにも合うような印象を受けました。

ここでも無事ミッションを遂行できまして、願書をゲットすることができました。なんとTOEFLの要求スコアは550点!管理人のスコアである573点を下回っているではありませんか!これで少なくとも形式的にはアプライできる条件を満たしている訳で、思わず笑みがこぼれてしまいました。もっとも、このスコアだけで合格できるなんて甘いものでないことは充分認識していましたが、今まで訪問した学校全てが管理人のスコアを上回るTOEFLのスコアを要求していたのですから、TOEFLの最低スコアをクリアーしているという単純な事実に対して純粋に嬉しかったというわけです。

こうして、出張を奇貨として思いがけず実現した「ロースクール訪問ツアー」も無事終了しました。感想としては、これらの学校のいずれかにでも合格させてもらえるのであれば、迷わずそこに留学したいと思わせるものでした。あえて序列をつけるとしたらUC, Berkeley →Univ. of Wisconsin →Univ. of Washington →Univ. of Michigan といったところでしょうか。ただ、実際に出願したのは前者3校になります。

次回からは再び帰国してからの学校の情報収集、そして出願校の選定、エッセイや推薦状の準備等についてお話していきたいと思います。ただ、また来週から一週間程度、海外出張になりますので、その間はお休みさせていただくか現地からの徒然草風日記(可能であれば)を書かせてもらおうと思っています。それでは、皆さん、良い週末を!

|

« 出願準備から学校選択まで(第6ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第8ラウンド) »

3.留学準備(出願準備)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。UCLAとUC、バークレーとは別の大学なのでしょうか?
いつも、楽しく拝見させていただいています。
海外出張、大変ですが、がんばってください。

投稿: ひまわりてんびん | 2005/11/12 19:58

ひまわりてんびん様、いつもコメントありがとうございます。

University of California は大規模な州立大学で、バークレー校、ロスアンゼルス校(UCLA)など、州内に多くの分校(この表現が適切であるか自信ありませんが)を擁しています。日本ではUCLAが最も知名度が高いかもしれませんが、本家本元はバークレーかなと個人的には思っています。因みに、管理人が留学直前に参加したサマースクールはUC, Davisで、サクラメント郊外にある大学でした。これまた巨大なキャンパスで、度肝を抜かれましたが、このお話も追々させていただきますので、お楽しみにしていてください。

投稿: Deacon(管理人) | 2005/11/14 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/7049932

この記事へのトラックバック一覧です: 出願準備から学校選択まで(第7ラウンド):

« 出願準備から学校選択まで(第6ラウンド) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第8ラウンド) »