« 出願準備から学校選択まで(第10ラウンド・推薦状対策①) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第12ラウンド) »

2005/11/24

出願準備から学校選択まで(第11ラウンド・推薦状対策②)

先日留学していたロースクールからLL.M.プログラム卒業生のOB/OG名簿(最新版)が送付されてきました。初年度が6名だった参加者も今では15名程度にまで大きくなっています。因みに管理人が在籍していたときも6名でした。管理人の指導教授はLL.M.プログラムの責任者でもあったのですが、「教授と学生間の交流を考えると12名~15名程度が限界だ。」とおっしゃっていましたが、現在でもその方針はぶれずに少人数教育が実践されているようです。

当然、管理人に関する情報も載っているのですが、長女の名前が「MIYAMAIRI」となっているのには、思わず笑ってしまいました。恐らく、「お宮参り」の写真を送ったときに写真の名称が「OMIYAMAIRI」となっていたので、誤解したのだとは思いますが…。「訂正願いメール」に近況を伝えようと思っています。

さて、今回も「推薦状対策」について、お話させてもらいます。「推薦状に特有の事項」と書きましたが、まあそれほど大きな問題でもないのですが、実際に出願する際に大いに頭を悩ました問題でもあったので、取り上げてみようと思う次第です。

それは「推薦者の人数」です。その当時、ロースクールからの指示は大きく分けて次のようなものでした:①「推薦者は少なくとも2名以上とする」②「推薦者は2名とし、それ以上の推薦状を送ってきても評価の対象としない」③「推薦者は2名とする」。

①については、2名以上の推薦状を送ることは間違いなくOKですね(一般的に推薦者の数は多ければ多いほど良いと言われている←推薦してくれる人が多ければ信頼性も高まるというものがその理由でしたが、真偽のほどはどうなんでしょうか…)。②についても、2名以上の推薦状を送っても、それが不利に働くことは少ないでしょう。

問題は③の場合です。文字どおり解釈すれば「2名」の推薦状しか送ることができません。それを無視して3名以上の推薦状を送ると「この出願人は指示を無視している」あるいは「英語が理解できていないのか?」と判断される恐れがあるというのが、当時の予備校等の見解でした。一方で、勤務先の先輩留学生にあたる第1号さんや第2号さんは彼ら自身の推薦者でもあった米国の顧問弁護士からの指導もあって、③の場合であっても、多くの推薦状を送付していました(その根拠は①と同様との由)。

管理人自身も相当に迷い、多くの方のご意見を参考にして、志望度の高い学校には当該学校の指示どおりに、それほどでもない学校には米国顧問弁護士方式で臨みました。その結果、どちらの学校にも合格することができたことを鑑みれば、あれほど神経を使って悩まなくても良かったのかな、と思っています。

もう一つ、「コネ(人脈)は利く」という点について。留学前までは、日本の社会と違い、実力主義を標榜する米国では「コネ」など通用しないものと思っていましたが、実際はそうでもないことが、この一連の留学準備で知りました(正確には「そう信じている」でしょうが)。

これも後日明らかにいたしますが、合格したロースクールの一校は、コネで合格できたといっても過言ではないと思っています。同校は以前のコラムでも言及しましたが、管理人の出身大学(法学部)と提携しており、双方で教授の派遣(交換研究)を行っています(出願するまでは知りませんでしたが)。ゼミ教授のご紹介もあって、法学部長に推薦状を書いていただけることになりましたが、その際に推薦状以外に「紹介状」を書いてくださいました。これが功を奏したのでしょう。管理人への合格通知とは別の法学部長宛レターに「貴方(法学部長)が推薦した出願者を落とすわけには行かない…」と書いてあったそうです。ちょうどこのロースクールから派遣されていた教授にもお目通しいただき、LL.M.プログラムの責任者にもお口添えしていただいた事実もありますし、これはこれら「コネ」のお陰だなと信じているという具合です。従って、コネ(人脈)があるのならば、それを利用するのも一つの方法だと思います。もっとも、コネなど不要であるくらいのTOEFLスコアと質の良いエッセー、推薦状が準備できていれば、こんな心配ご無用ですが。

さて、次回は大学時代の成績証明書と出願時の注意事項について、少しお話してみたいと思います。お楽しみに!

|

« 出願準備から学校選択まで(第10ラウンド・推薦状対策①) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第12ラウンド) »

3.留学準備(出願準備)」カテゴリの記事

コメント

Deaconさん、はじめまして。Deaconさんのブログを拝見しながら、2008年度LLM留学をめざしておりますpinokoです。現在、仕事をもちながらの留学準備で思うようにTOEFLのスコア(目標はibt100 PBT600ですが)が伸びず、悩んでおります。Deaconさんのブログに記載があった法学部長の紹介状とはどのようなものだったのでしょうか。ご迷惑にならない限りで、教えて頂ければ幸いです。どうか宜しくお願い致します。

投稿: pinoko | 2007/10/19 09:31

> pinokoさん
コメント、ありがとうございました。
仕事しながらの留学準備、ご苦労様です。
本当に大変ですよね。でも、このときの苦労も数年後には懐かしい思い出になることも事実です。
頑張って下さい!

さて、お尋ねの件ですが、内容は通常の推薦状に加えて、個別に何かを書いてくださったようです。というのも、英語のご堪能な先生(英米法)だったので、ご自分で推薦状を書いてくださったためです。
(後でメールを個別にいただけますか?もう少し詳しいお話ができるかもしれませんので。)

出願時期を控えて、色々と大変とは思いますが、お身体にはご自愛いただき、希望校に合格できますようお祈り申し上げます。

投稿: Deacon(管理人) | 2007/10/19 17:26

Deaconさん、ご返答有難うございます。2008年LLM留学をめざしておりますpinokoです。Deaconさん宛にメールをお送りしたいのですが。。。アドレスはDeaconさんのHP上にございますか。お教え頂ければ、メールお送りさせて頂きます。

投稿: pinoko | 2007/11/27 16:26

> pinokoさん
コメント、ありがとうございました。
頂いたメアド宛てにメールを差し上げましたので、ご確認いただければと思います。

御連絡、お待ち申し上げております。

投稿: Deacon(管理人) | 2007/11/27 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/7296449

この記事へのトラックバック一覧です: 出願準備から学校選択まで(第11ラウンド・推薦状対策②):

« 出願準備から学校選択まで(第10ラウンド・推薦状対策①) | トップページ | 出願準備から学校選択まで(第12ラウンド) »