« ちょっと、お知らせを… | トップページ | 出張前夜 »

2005/09/21

ブログ立上げの理由

先日、「どうしてこういうブログを立ち上げたのか?」というお尋ねを頂きましたので、ちょうど良い機会と思い、少しお話しさせていただきます。

一言で言ってしまえば、管理人のように「英語が苦手なんだけれども留学したい。でもスコアが伸びず断念しつつある…。」 こんな方に、管理人が歩んだきた道をありのままに示すことによって、「諦めないで頑張れば夢が叶うんだ。こんなレベルでもこうやって留学して、こんなに素晴らしい経験を積むことができるんだな。」と思っていただき、夢の実現に少しでもお役に立てればと思ったことによります。

まあ、一種の「お返し」のような感覚です。とにかく、管理人がロースクール留学を志してから、それを実現して現在に至るまで、多くの方にサポートしていただきました。決して自分ひとりだけでは成し得なかったと思います。

また、この留学経験は、管理人にとって掛け替えのない「財産」になりました。留学を通じて得られた法律知識や法的思考力はもちろんのこと、それ以外にもアメリカ人を含む多くの外国人の友人を作ることができました。中には“一生の友人”とも呼べるような仲間もいます。日本人同士の人脈(ネットワーク)構築も然り。そして、サポートを得ながらも自分の人生は己で切り開くもの、という当たり前のことにも気付かされました。こんな素晴らしい経験を多くの人にも味わってもらいたい、心底そう思いました。

「留学などしなくても英語をマスターすることができる」という考えを聞いたことがあります。確かにこの文明が発達した現代においては、日本に居ながらも英語学習に最適な環境を作り出してくれています。その意味で決して間違いではないと思います。しかし、留学には英語だけでない「+α」をも会得できる可能性を秘めているのではないでしょうか。それが管理人とっては、専門知識であり、友人であり、異文化との触れ合いであり、そしてどんなことにも物怖じしなくなった自信だった訳です。

だから、英語が苦手で留学を断念してしまうなんてことはせずに、思い立ったら最後まで諦めずにチャレンジしてもらいたいのです。決して努力したことは無駄にはなりませんから。

|

« ちょっと、お知らせを… | トップページ | 出張前夜 »

1.はじめに」カテゴリの記事

コメント

ブログをいつも楽しく拝見しております。

私も英語が苦手で苦手で、高校時代は英語のおかげで危うく落第の対象になるところでしたが、一念発起し(??)MBAのために米国を目指すことになりました。
社費・期限付き故に今すぐにでもスコアがほしいところですが、ほとんどゼロベースでいきなりスタートしたため、TOEFLも(CBTで)250を越えたあたりから全く伸びず、それ以外にもGMATも必要だったりと、なんだか毎日死にそうにトホホな気分で一杯です。
でも、純ドメ且つ英語が苦手だという人だって、みんながんばってアメリカに行っているんだ・・と思うと、しょげてちゃいけないなと思います。

これからもブログを楽しみにしています。

投稿: まじん | 2005/10/17 20:40

まじん様、コメントいただきまして、どうもありがとうございました。こんな感想を頂けると管理人として大変嬉しく思います。
MBA留学、是非実現させてください。応援していますね。
現在、仕事に忙殺されていますが、何とか「本編」復活させるべく準備中です。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 管理人(Deacon) | 2005/10/17 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/6034055

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ立上げの理由:

« ちょっと、お知らせを… | トップページ | 出張前夜 »