« 英語との闘い(第8ラウンド) | トップページ | ちょっと、お知らせを… »

2005/09/19

英語との闘い(第9ラウンド)

来週から1週間ほど海外出張が入る予定です。そのため、「英語との闘い」シリーズは暫くお休みを頂くことになると思いますが、悪しからずご了承ください。PCは持参しますので、機会があれば出張先での感じたことなどを「徒然草」という形で書いてみようかなと思っています。連休明けに出張の有無がわかりますので、その時にでも改めてお知らせいたします。

それでは「英語との闘い」シリーズの第9ラウンド突入といきましょう!(予定では12ラウンドくらいで、このシリーズは終わって、次のシリーズに入れると思います。)

入社5年目の3月に前年度中止となった海外研修制度が復活するとの発表がありました。書類審査、面接、そして7月のTOEFLの成績で合否が決まるという内容でした。受験資格は従来どおりで「入社満3年以上で30歳以下、TOEIC 650点が足切りライン」。これはクリアーしています。さあ、いよいよ本番です!ここから4ヶ月間でスコアを飛躍的にアップさせて、少なくともTOEFL 550点を7月の試験でゲットしなくてはなりません。他の志願者との関係もあるでしょうが、とりあえず550点突破を目標に勉強を続けました。第1号さんが実際に利用されていた駿台外語綜合学院の3ヶ月コース(トフルアカデミー後に通学)が終了したところでもあり、再びイフ外語学院への通学を開始しました。その心は「ひたすら過去問を解く」です。しかし、よくコロコロと学校を変えていますよねぇ。本人にとっては、「自分にとってベストの学校」を探し当てたいの一心なのですが、側から見ると飽きっぽい性格に思えたことでしょう。この後も“予備校旅ガラス”状態は暫く続くことになりますが、それはまた後日にでも…。

いわゆるグラマー(セクション2)については、成績も上がってきましたが、残りのセクションが一向に上がらず、497点→500点→490点→523点→513点→500点と低迷を続け、とうとう本番の7月を迎えました。余程の奇跡が起こらない限り、550点をクリアーするのは難しい状況です。ただ、受験時までに6月の500点というスコアは手許に届いていませんでしたから、「上がっては、次下がり、また上がるの繰り返し。そうすると次は30点程度は上がる可能性ある。ということは550点もあり得る…。」と思ったりしていました。なんと非科学的な発想!でも、そんな事くらいでしか頼るものがなかったのも事実でしたから。とにかく、自分自身で英語力がアップしているという自覚を感じないのです。まあ、スコアが伸び悩んでいるのですから、当たり前といえば当たり前の話なんですが…(笑)。

もう少し、まともに分析してみますと、グラマーは数をこなしながら文法事項を押さえていくという勉強法でも徐々に上がっていきました。また自分でも実感できていました。日本人受験生はほぼグラマーのセクション2とリーディングのセクション3で満点近いスコアを出して、リスニングのセクション1が多少悪くてでも、その他のパートで補うことでできて、結果的に600点を超えるという戦術を取られるようです。管理人もリスニングがお手上げでしたから、この戦術を取りました。ただ、他の方と違う点は「単語力不足」。これを偏に「大学受験を経験していないツケ」と勝手に理由付けていますが、大学受験勉強をしていないため知っている単語数が極めて少ないという事実がありました。もちろん、これをクリアーすべく多くの参考書を紐解き、単語力アップに努力しました(したつもり)が、生来の飽き性というか、集中力の欠如というか、どうしても長続きしませんでした。この結果、知らない単語が多くリーディングのスピードも必然的に遅くなるということで、セクション3のスコアも遅々として上がりませんでした。「飽き性」に加えての「完璧主義」も災いしました。ひとたび知らない単語にぶち当たると、そこで思考が止まってしまう、そこを残して読み飛ばすということが、なかなかできませんでした。これは他のパートにも共通していて、単語ノートにしても、グラマーノートにしても、いちいち定規を使って書道のように丁寧に書いたりと、「誰かにそのノートを見せるのか?」という位に時間を掛けて作っていましたね。「そのノート作りに時間を掛けるなら、一題でも多くの問題を解くべき。」と忠告されるまで、馬鹿丁寧なノート作りをしていました。

こんな感じで本番を迎えました。当時の記憶はほとんど残っていないのですが、終了直後に「うーん、(550点に)いったかも知れない!?」という感想を持っていたことは覚えています。そして、人事部経由でスコアが返ってきました…。結果は「513点(46・54・54)」。当然のことながら、不合格です。さすがに落ち込みましたねぇ。それでも、気を取り直して受験を続けましたが、“ブレイクスルー”することもなく、520点台と530点台の繰り返しが続き、結局、入社5年目での最高点は540点(12月)に終わりました。そして、何時の間にか「入社6年目」を迎えることになるのです。

|

« 英語との闘い(第8ラウンド) | トップページ | ちょっと、お知らせを… »

2.留学準備(英語対策)」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして! 楽しみに読ませていただいています、にょと申します。感想のカキコです。
 私は現在大学の法学部に在学中で3年生なのですが、このブログで読みうる管理人さんと共通する点が多く、共感しつつ読ませていただいています。
 大学受験未経験、TOEIC400以下(修行の末TOEFL573に)、海外のロースクールにいきたい希望、日本の弁護士を目指している点、です。
 海外ロースクールに入りたくて法務部に入ったという話が奮えました。
  留学中のお話を楽しみにしています

投稿: にょ | 2005/09/28 01:55

にょ様、コメントありがとうございました。
共通点が多いとの由、何かしらお役に立てれば幸いです。これから失敗談も繰り出す予定ですので、それらも参考にしていただければと思います。
現在出張中のため、本題から外れていますが、来週から再び本題に戻る予定です。今回の出張もいろいろな意味で収穫大でした。これらも追々アップさせていただこうと思っています。
にょ様も夢に向かって頑張ってくださいね!また何かコメントいただければ幸甚です。よろしくお願いします。

投稿: 管理人(Deacon) | 2005/09/28 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/6004450

この記事へのトラックバック一覧です: 英語との闘い(第9ラウンド):

« 英語との闘い(第8ラウンド) | トップページ | ちょっと、お知らせを… »