« 遅ればせながら、2006年の抱負でも… | トップページ | 試合レポート・Doシロート大会@世田谷(午後)【その2】 »

2006/01/11

試合レポート・Doシロート大会@世田谷(午後)【その1】

前回エントリのお約束どおり、今日は昨日開催された「Doシロート大会@世田谷(午後)」における結果についてご報告いたしましょう。

「初蹴」を兼ねて大会に参加することを決めたのが昨年の暮れでした。それでも合計7名の参加があり、結果もそれなりだったのではないかと思います。順位こそ低かったですが、内容は昨年より進歩があったのではないかと…。その理由、幾つかあるとは思いますが、今大会からゴレイロ(GK)専属を条件に加入(実際は移籍交渉中)したイケポンの活躍は特筆でしょう。詳細は【続き】をご覧ください。

Dscn2062

今大会の参加メンバーは、マツ、ヒデ、ケンケン、ヤマ、ヒロ、リョウ、そしてイケポン。前回大会で5名で臨んだ結果、スタミナ切れから散々な結果に終わったことを踏まえて「最低6名で大会参加」という新ルールを設けた最初の試合になります。

参加チームは6チーム。3チームずつのブロックに分かれての予選リーグを行い、これにより決勝トーナメントの枠順を決定します。すなわち、1位通過チームがシード。2位チームと別リーグ3位チームと対戦するという具合です。参加チームの“若さ”が気になるところですが、まあしょうがないでしょう。小まめな選手交代でフォローするしかありませんから。メンツだけ見れば、かなりのものなんですがねぇ(苦笑)。

【予選リーグ第1試合】
 さあ、予選リーグ第1試合です。前半からお互いがっぷりよつの感じですが、相手チームのシュート数に比べて、MIZU FCのシュート数はどうも少ない気がします。去年からの課題である「得点力(決定力)不足」の一因かもしれません。
 相手チームは遠目からも積極的にシュートを放ってきますが、どれも新守護神・イケポンの堅守により得点を許しません。MIZU FCにも何回か決定的なチャンスがあったのですが、負傷あがりのマツが決めることができず、前半はスコアレス・ドロー。
 後半も一進一退の攻防が続きます。このままドローかと思われた試合終了ぎりぎりのところで、相手のミドルシュートが炸裂。土壇場で均衡を破るゴールが生まれてしまいました。結局、これが決勝点となり0-1で敗れました。

【予選リーグ第2試合】
 非常に残念だった第1試合。勝てたかもしれないし、少なくともドローで終えることができただけに悔しさひとしおでしたが、ここは気持ちを入れ替えて、予選リーグ最後の試合に臨むことになりました。
 この試合に勝つかドローで予選リーグ第2位、負ければ最下位という状況でしたが、ここは何としても新年の初勝利を狙っていきました。この気持ちを全員が共有していたのでしょう、前半から攻勢に出ます。ヒデとケンケン、それにヒロが加わり、怒涛の攻撃です。しかし、なかなかスコアに繋がりません。一方でガッテゥゾばりの守備を見せるヤマと守護神イケポンが相手の攻撃を許しません。この試合も前半は両チームスコアレス。しかし、得点の予感を感じさせる試合展開です。
 後半に入っても、アグレッシブに攻め込みますが、得点を奪えないまま、悪循環に陥るかと思った瞬間、ケンケンからのコーナーキックでゴール前の混戦で相手ゴレイロがハンブル。そのままゴール・イン!ラッキーな展開、なんと初ゴールはオウン・ゴールという予想外のゴールでした。それでも1点には変わりありません。意気上がるMIZU FC。続いて、ヒロのシュートをゴレイロがこぼしたところをヒデが強烈なシュートを叩き込みました。将にシェフチェンコばりのキャノン砲シュート!これで2点目。このまま試合をコントロールして2-0(得点:O.G.・ヒデ)で勝利。MIZU FCの新年初勝利となりました。

次回は決勝トーナメントの様子をレポートしましょう。お楽しみに!

|

« 遅ればせながら、2006年の抱負でも… | トップページ | 試合レポート・Doシロート大会@世田谷(午後)【その2】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133967/8108602

この記事へのトラックバック一覧です: 試合レポート・Doシロート大会@世田谷(午後)【その1】:

« 遅ればせながら、2006年の抱負でも… | トップページ | 試合レポート・Doシロート大会@世田谷(午後)【その2】 »